2017年3月18日土曜日

[Loudwire] 10の最も奇妙なメタルのサブジャンル

10の最も奇妙なメタルのサブジャンル

グレアム・ハートマン(2017年3月17日)



メタルのファミリー・ツリーは音楽で最も多様性に富んでいるが、どのファミリーがそうであるように、両親がとにかく理解出来ない黒い羊が存在する。これは「10の最も奇妙なメタルのサブジャンル」だ。

このLoudwireのリストにフィーチャーした10のバンドを賞賛するべきだ。こうしたバンドはその狂ったビジョンにこだわり、成功させた。パワー・メタルやニュー・ウェイヴ・オヴ・ブリティッシュ・ヘビー・メタルのパイオニアが語った戦争、暴力、そして叙事詩の物語を受け、こうした力学が物理的な形で現れるのは時間の問題だった。'90年代前半のENSLAVEDのようなバンドが開拓し、世紀末にAMON AMARTHが磨き上げたバイキング・メタルがやってきた。

AMON AMARTHが世界を吹っ飛ばしてから間もなく、人々は別の奇妙な具体化を求めるようになった。突然、パイレーツ・メタルがALESTORMやSWASHBUCKLEのようなバンドを通じてシーンを直撃した。このすべてのばからしさが、上のクリップで分かるように、聴く楽しみとライブ・ショーのパーティーを生み出した。

最もシリアスなメタルヘッドがBABYMETALのようなアクトを受け入れるとは誰も予想していなかったが、否定しがたい魅力と共に、最高のミュージシャンシップと作曲面での巧妙さによって現実となった。BABYMETALのような日本の「アイドル」グループは、最近英語では「キュート・メタル」を意味する「カワイイ・メタル」というカテゴリーとなった。BABYMETALの人気に迫る他のカワイイ・メタル・バンドは存在しないが、DOLLSBOXXとLADYBABYはある程度の注目を集めた。

上のLoud Listの「10の最も奇妙なメタルのサブジャンル」の例をチェックしてくれ。

Read More: 10 Weirdest Metal Subgenres



0 件のコメント:

コメントを投稿