2017年10月18日水曜日

[Metal Injection] 日本のメロデスのマスター、UNDEAD CORPORATIONの"Get Em Up"は、BABYMETAL以来最もキャッチーなデス・メタル・ソングだ

[Metal Injection] 日本のメロデスのマスター、UNDEAD CORPORATIONの"Get Em Up"は、BABYMETAL以来最もキャッチーなデス・メタル・ソングだ

メタル・インジェクション(2017年10月16日)






メタル・ファンがBABYMETALに対して持っている不満の一つが、そのエリート主義者の耳にはメタルの威信を傷つけるように響くJポップ・ボーカルがある。BABYMETALとはまったく違うことを追究しているが、Undead Corporationは、あのキャッチーでクリーンなボーカルのバランスを実現しながら、デス・メタルのキモであるヘビーネスを保っている。

引用:
俺たちは、最新アルバム、「No Antidote」からのニュー・シングルを発表することにとても興奮している。ベーシストの社長は曲についてこう言っている:

「"Tet Em Up"は、新譜で俺が一番気に入っている曲だ。これは攻撃的で、キャッチーであり、ビデオでははじめてグリーン・スクリーンを使用している。俺たちは一つ一つの場面を撮影したので、一つのシーンでメンバー全員が一緒に演奏しているのを見ると特別な感情を覚える」

もっと見たいか? フェースブックでバンドをフォローしてくれ。

▼元記事
Japanese Melodeath Masters UNDEAD CORPORATION's "Get Em Up" Is The Catchiest Death Metal Song I've Heard Since BABYMETAL




[BABYMETAL Newswire] サービスに関するお知らせ

[BABYMETAL Newswire] サービスに関するお知らせ

公開サービスに関する告知:






本日は私たちの3周年記念日で、ここにベビーメタル・ニュースワイヤーはオンライン・コミュニティーとしての活動を停止することを発表する。スタッフメンバーの個人的な事情から、当コミュニティーは、BABYMETAL、さくら学院、そして神バンドに関するニュースを発行する取り組みを停止する。

これは終わりではない。私たちは、ソーシャル・ネットワークのアカウントやフェースブック・グループを削除するわけではない。BABYMETALのショーやショーのレポートが発表されれば、ツアー日程のセクションを更新し続ける。

私たちのフェースブック・グループは、私たちのショー社ル・ネットワークやウェブサイトからのニュースの更新なしで、グループメンバーによる更新により、コミュニティーとしての活動を続ける。

さらに、ウェブサイトは、2018年1月19日までbabymetalnewswire.comとして継続し、それから無料アカウントのウェブサイト・ドメインにドメインを移行する(名前は後日。)

まず、この発表についてお詫びすると共に、BABYMETAL、さくら学院、そして神バンドに関する

どうもありがとうございました! See You! <3

▼元記事
BABYMETAL Newswire






[Music Feeds]ダウンロード・フェスティバル・オーストラリアのラインナップに入ってもおかしくない12のバンド

[Music Feeds]ダウンロード・フェスティバル・オーストラリアのラインナップに入ってもおかしくない12のバンド

エミー・マック(2017年10月16日)






10月には出るという話の、初のオーストラリアでのダウンロード・フェスティバルのラインナップでみんなワクワクドキドキなのはもう言うまでもない。

だが緊張感で死にそうなので、このものすごいリフ祭りの出演者一覧を飾る可能性が高いだろう国内外のビッグネーム・バンドを予測してみてもいいと思った。

元SoundwaveのボスだったA・J・マダーは、数ヶ月前にダウンロードが「2つの驚くべきヘッドライナー」と話していると断定していたので、下に挙げたうちの二つだったら、私たちはもう大興奮だ。

まだ話をきいていないなら、ミュージック・フィーズが昨年、オーストラリア向けのダウンロード・フェスティバルのニュースを最初に明かし、それからツアー会社のライヴ・ネイションがダウンロード・フェスティバルのオーストラリアのドメインを買った。

私たちが予備の下着を積み上げている間に—フル・ラインナップが出てきたら絶対必要だ—下の私たちのホットな予言を確認するか、自分で結論を出すために最近の英国とスペインのラインナップを眺めてみて欲しい。

11 Babymetal

BABYMETALはいまだにオーストラリアでデビューを飾っていないし、ダウンロードはその上で最高の場所に思える。この日本のカワイイ・メタル女学生バンドは、複数のダウンロードで演奏しているばかりでなく、流れる前はサウンドウェイヴ2016に出たがっているという噂があった。チョコをちょうだい!

Read more at http://musicfeeds.com.au/features/12-bands-think-download-festival-australia-lineup/#AYXXvxIhWRj5lJ1E.99

▼元記事
12 BANDS WE THINK COULD BE ON THE DOWNLOAD FESTIVAL AUSTRALIA LINEUP




2017年10月17日火曜日

[Alternative Press] BABYMETALが2公演を新たに発表、ほか見逃せないニュース

[Alternative Press] BABYMETALが2公演を新たに発表、ほか見逃せないニュース

ホイットニー・パクストン( 2017年10月16日)






BABYMETALが特別ショー2公演を発表、SEAWAYがツアーの前座を公表、そしてGWARが新曲を公開した。このニュースすべてプラス見逃せないニュースを下で見てくれ!

1. BABYMETALがとても特別な2講演を発表

BABYMETALは、スゥメタルの生誕の地、広島で、今年の12月に「Legend - S- 洗礼の儀」という特別な2公演を行うと発表した。

(以下略)

▼元記事
Babymetal announce two new shows and other news you might have missed






[Rock Sound] BABYMETALが特別な2公演を発表

[Rock Sound] BABYMETALが特別な2公演を発表

ジャック・ロジャーズ(201710月16日)






BABYMETALの新時代が始まろうとしている。

BABYMETALは、12月に「LEGEND-S-洗礼の儀」2公演を行うと発表した。

ショーは、先週末に行われた「巨大キツネ祭り」に続くものだ。

これはスゥメタルの生誕の地、広島で行われる。

つまりれがたっぷりということだ:

["メギツネ"のビデオへのリンク]

これも。

["ギミチョコ!!"のビデオへのリンク]

そしてもちろんこれ。

["Karate"のビデオへのリンク]

ものすごく壮観なものになるだろう。

日程は以下の通り:

12月

02日 広島グリーンアリーナ
03日 広島グリーンアリーナ

▼元記事
BABYMETAL HAVE ANNOUNCED TWO SPECIAL SHOWS






2017年10月16日月曜日

[Tokyo Girls Update] BABYMETALが、聖地広島で新たな女神の洗礼を発表

[Tokyo Girls Update] BABYMETALが、聖地広島で新たな女神の洗礼を発表

カイ・オクダラ(2017年10月16日)






5つの狐火がすべて集まり、5つの門が開くとともに、BABYMETALが「METAL RESISTANCE EPISODE VI “LEGEND – S –洗礼の義“を発表した。これは2017年12月2〜3日に広島グリーン・アリーナで行われる2日間のスゥメタルの誕生祝いである。

2017年10月14〜15日に大阪城ホールで行われた「巨大キツネ祭り」 の最終日を終え、BABYMETALは、彼女の2回目の誕生日(12月20日)に向けた、スゥメタルの長らく待たれてきた故郷、広島への凱旋の舞台を定め、彼女の成人とメタル・レジスタンスを率いる新しい女神、そして救世主としての洗礼を行う。ステージの後ろに下げられた5つの巨大スクリーンと照明を当てられた十字架を空中に飾り、BABYMETALは"BABYMETAL DEATH"でお祭り騒ぎを開始し、満杯の観客は激しいリズムに合わせてキツネ・サインをかざしながら一体となって動いた。

BABYMETALが"Syncopation"、""イジメ、ダメ、ゼッタイ"、"KARATE"、そして"ヘドバンギャー!!"を演奏する中、会場の情熱的なムードは、公演を通じて高まっていき、ファンが情熱的にシンガロングした最終曲、"THE ONE - English version"でクライマックスに達した。

スゥメタルの生誕を記念して、"LEGEND - S - 洗礼の義"は、「三種の神器」付きとなる。

12月2日はTHE ONE(ファンクラブ)限定の公演で、12月3日は一般に公開される。さらに金キツネ参拝券が1997年4月2日から2005年4月1日生まれに提供される。THE ONEチケットの1次受付は2017年10月19日(昼)に始まり、2017年10月25日(午後11時59分)まで、結果発表は2017年11月2日(午後6時)となる。THE ONEチケットの2次受付は、2017年11月3日(昼)から2017年11月9日(午後11時59分)までで、結果は11月17日(午後6時)に発表となる。

2017年10月16日にZEPPダイバーシティ東京、ZEPP名古屋、ZEPP大阪ベイサイドで行われた大阪城ホールでの「巨大キツネ祭り」の最終日のビューイングに加えて、2017年12月23日にWOWOWでも放送される。

12 月 2 日(土) LEGEND - S - 洗礼の儀 - ※THE ONE 限定open 17:30 / start 19:00
12 月 3 日(日) LEGEND - S - 洗礼の儀 - open 15:30 / start 17:00
参拝券(スタンド指定席) ¥20,000(税込)
金キツネ参拝券(アリーナスタンディング ※THE ONE 限定) ¥2,000(税込)

▼元記事
BABYMETAL Announces the Baptism of The NEW GODDESS in The Holy Land of Hiroshima!







2017年10月13日金曜日

[MTV Asia] 必見:2017年MTV MEAベスト・ジャパン・アクトの候補者!

[MTV Asia] 必見:2017年MTV MEAベスト・ジャパン・アクトの候補者!

(2017年10月13日)





余計なことかも知れないが、私たちは先週MTV EMA 2017の候補のフル・リストを先週公表したので、まだ投票していなければ、そうした方が良い。

今年のベスト・ジャパン・アクトの候補者はすごい—BABYMETAL、KOHH、きゃりーぱみゅぱみゅ、レキシ、そして水曜日のカンパネラが第一位を目指して戦っており、もしファンならば、どうすれば良いかおわかりだと思う。勝者を決めるのは君たちファンなので、こちらからお気に入りの日本のアクトに投票してくれ!

結果は11月13日午前3時(シンガポール、フィリピン、マレーシア)、午前2時(インドネシア)から見てくれ。アンコールは午後7時((シンガポール、フィリピン、マレーシア)、午後6時(インドネシア)だ!

今年のベスト・ジャパン・アクトの候補者をもう少しばかり良く知っておこう。

1 BABYMETAL
国・都市:東京
デビュー作:「イジメ、ダメ、ゼッタイ」 (2013)
最大のヒット:METAL RESISTANCE (2016)
楽しい事実:彼女たちは、2016年〜2017年のRED HOT CHILI PEPPERSのツアーの前座を務めた

カワイイとメタルをミックスしたらどうなる? BABYMETALになる! BABYMETALは日本人トリオで、ティーン・ポップのカワイイ踊りとボーカル・スタイルをヘビー・メタル・バンドの激しい音楽お組み合わせている。女の子たちは世界中にファンベースを獲得し、ワールド・ツアーに出、日本最高のフュージョン・グループの一つとして認められている。つまり、カワイサのあるメタル・グループが他のどこで見つかるのかということだ。

こちらからBABYMETALに投票。

2 KOHH

3 きゃりーぱみゅぱみゅ

4 レキシ

5 水曜日のカンパネラ

▼元記事
GET TO KNOW: YOUR 2017 MTV EMA BEST JAPAN ACT NOMINEES!






2017年10月12日木曜日

[Metal Sucks] BABYMETAL:インタビュー その1(BABYMETAL)(過去記事)

[Metal Sucks] BABYMETAL:インタビュー その1(BABYMETAL)(過去記事)

ヴィンス・ニールシュティン(2012年5月31日)






もう、何じゃこりゃ? な存在、BABYMETALのことを聞いたことはあるだろうから、改めて話す必要はないだろう。だが、このカワイイ小さな日本人の女の子が、演奏するときには神の精神を体現していて、CANNIBAL CORPSEを崇拝しているというのは知っていたか? オタク・ヴァース・ゼロが行ったこの非常に楽しいインタビューでこれよりもさらに多くが明かされる。BABYMETALの「プロデューサー」との「インタビュー」もとっておきの情報が満載だ。

マジな話、MetalSucksは、この女の子たちの親が誰かを知りたい。厳しい練習を通じて、その意志にかかわらず、スターに育て上げた、マイケル・ジャクソンみたいな話なのか

-VN

インタビュー:

Q:君は俺たちがこの建物の中で誰に出くわしたのか信じられないだろう。ベビーメタルだ。やあ、BABYMETAL、元気? まず自己紹介してくれる?

スゥメタル:スゥメタルdeath。
ユイメタル”:ユイメタルdeath。
モアメタル:モアメタルdeath。

Q:OK、BABYMETAL。聞きたい質問がたくさんあるんだ。自分たちが演奏している音楽を表現したらどうなる?

スゥメタル:えーと、ヘビメタとアイドルを融合した新しいジャンルで活動しています。

Q:OK、これは普通じゃないね。君たちは本当にヘビー・メタルのラウドなギターが好きなの?

スゥメタル:はい、好きdeath。

Q:好きなヘビー・メタル・バンドはいるかな? BABYMETALのサウンドに影響を与えたバンドは?

モアメタル:CANNIBAL CORPSEです。

Q:CANNIBAL CORPSE、それは……。OK、OK、じゃあ、ステージの上で跳ね回って、BABYMETALをやっている時にどういう風に感じてる?

BABYMETAL:神降臨!

Q:なんか分かったような気がする。OK、演奏中に、ジャンプしたり、踊ったり、叫んだりしていてたくさんエネルギーを使っているみたいだけど、終わった後でどう感じる?

スゥメタル:えーと、神がライブ中は私たちに降りていたんですけど、ライブが終わったら、それが解き放たれて、何かほっとしたようなね……安心する。

モアメタル:達成感があるよね。

ユイメタル:楽しいよね。

Q:BABYMETAL体験の大きな部分として、君たちのプロモーション・ビデオがあるよね。作る時にはどういう感じ? 撮影中に偶然悪魔を呼び出しちゃったみたいなことはある?

ユイメタル:あー、フランス人の方と一緒に共演させて頂いたんですけど、「ボンジュール」と言って一緒に話せたので、楽しかったdeath!

Q:君たちはメタル・アイドルという非常に新しいジャンルだけど、将来、BABYMETALをどういうものにしていきたいのかな

スゥメタル:えーと、日本だけではなく、海外でもライブなどをして、早く皆さんにお会いできたらうれしいです。

Q:海外、そして宇宙にまたがる、増え続けるファンのみんなに特別なメッセージはある?

スゥメタル:これからもがんばります。See you soon.

ユイメタル、モアメタル:See you soon.

スゥメタル:せーの、きつねだお。

Q:どうもありがとう、BABYMETAL。がんばれよ。

ユイメタル、モアメタル:ありがとう。

▼元記事
BABYMETAL: THE INTERVIEW




2017年10月11日水曜日

[K&B Podcast] K&Bポドキャスト:10月10日(火)ゲストと:FOO FIGHTERSと朝食を

[K&B Podcast] K&Bポドキャスト:10月10日(火)ゲストと:FOO FIGHTERSと朝食を

(2017年10月11日)






51:20-
俺たちはこのショーを日本でやることになっていたんだが、同時にBBC向けにカバー曲をやることになっていた。それで俺たちはリック・アストリーの"Never Gonna Give You Up"をやろうと思ったんだ。それで俺たちは日本に行ってショーのポスターを見たんだが、とにかくありえないようなラインナップだった。FOO FIGHTERS、それからBABYMETAL、ケイシャ、そしてリック・アストリーなんだぜ。俺たちは、これはものすごいなあ、という感じだった。

▼元記事
K&B Podcast: Tuesday October 10th with guests: Breakfast with Foo Fighters




2017年10月10日火曜日

[hai] これが世界で最も奇妙なメタル音楽のジャンルだ!

[hai] これが世界で最も奇妙なメタル音楽のジャンルだ!

WIB(2017年5月8日)

[インドネシア語からの重訳です]






メンバーが黒いシャツを着て、激しさやメタル音楽の流れというものを示しているだけじゃない。

でもご存じないかも知れないが、メタル音楽にはいろいろな形があり、奇妙なものもある。

また不思議なことに、いつもファンがいる。好みは人それぞれで同じじゃないからね。同じだったら、君もメイトだ(笑)。

この記事でHAIは5つの最も奇妙な世界のバンドを紹介したい。興味はあるかな? HAIがラウドワイヤーから手に入れた情報をチェックしてくれ。

パイレーツ・メタル

バイキング・メタル

フォーク / ペイガン・メタル

ポルノグラインド

カワイイ・メタル

BABYMETAL
BABYMETALを知っているよな? ラウドな音楽を伴った、ダンスするカワイイ女の子たちだ! ああ、それがカワイイ・メタルだ!

▼元記事
Ini Dia 5 Genre Musik Metal Teraneh Sedunia, Bikin Ngakak!




2017年10月7日土曜日

[Amoeba Music] ドン・ハリスのハリケーン救済のためのチャリティー・オークション

[Amoeba Music] ドン・ハリスのハリケーン救済のためのチャリティー・オークション

アメーバ・ハリウッド(2017年10月7日)






無比のドン・ハリス(ウィンディ・シティ・ヒート、ビッグ3ポドキャスト、ジミー・キンメル・ライブ!、ディン・ドン・ショー、そして疲れ知らずのアメーバのオークション・サポーター)が、10月7日午後4時からチャリティー・オークションを行う。

収益金はすべてハリケーン救済の取り組みに使われ、いつもどおり、アメーバが落札金額にマッチングを行う。つまり倍額がハリケーン救済に行くというわけだ。

オークション品目の一部:

チケット:
** The Breeders (ソールドアウト)11月13日、エル・レイ
** The Drums、11月2日、フォンダ・シアター
** ダニ・ハリソン、11月30日、エル・レイ

** 好きなのが選べるアメーバ・インストアのVIPパス! 最前列、それにアーティストCDを含む。
** グレン・キャンベルのサイン入りの枠に入ったポスター
** ニコラス・ワインディング・レフィンとクリフ・マルチネスのサイン入りネオン・ディーモンの映画ポスター
** Grateful Dead景品パック
** Pearl Jamのコレクター向けパック、「Third Man」LP、それにVitalogy本を含む
** New Orleans音楽パック
** ポータブル・ターンテーブル+特選LP
** サイン入りHAIMポスター + CD

プラス、いろいろなユニークなコレクターズ・アイテム!

休日のショッピングに飛び乗って、困窮している人々を助けよう—同時に!

アメーバ・オークションについて:
2005年9月上旬、ハリケーン・カトリーナがルイジアナに大被害をもたらした後、アメーバ・ハリウッドはガルフ・コーストの救済の取り組みのための募金を集めるチャリティー・オークションを開始した。私たちのハリウッドのストアは、記念品、コレクターズ・アイテム、プロモーション・アイテム、コンサートチケットなどいろいろなものをオークションし続けている。基金を拡大するために、アメーバは個人のすべての寄付、それに1,000ドルまでの入札に対して同額を寄付している。

オークションは、Slayerのプロモーション用下着からマイケル・ジャクソンのステッカー(落札額5ドル〜20ドル)、それにDevoの帽子、ハリウッド・ボールでのブライアン・ウィルソンのコンサートにおける4席のボックス・シート(落札額は550ドル)から200ドルで落札されたSupergrassのソールドアウト・ショーのチケット2枚までが含まれ、さらに寛大な隣人(トレーダー・ジョーズ、アーバン・アウトフィッターズ、アークライト、インテリジェンシャ・コーヒ−など)によるギフト券もある。アメーバによるマッチングにより、それぞれが倍の金額をもたらしている!

2005年以来、私たちはオークション、現地でのお客様の寄付、アメーバの同額寄付、それに特別なイベントを通じたチャリティー活動により、40万ドル以上を集めている。

チャリティー・オークション品目:

(BABYMETALのFunkoが見えます)

▼元記事
Charity Auction for Hurricane Relief w/ DON BARRIS!







2017年10月6日金曜日

[Densetsu] カット・ニジリが、「Keen」の開発および今後の計画について明かす

[Densetsu] カット・ニジリが、「Keen」の開発および今後の計画について明かす

ミオ(2017年10月5日)

[スペイン語からの重訳です]






(前略)

Q:キムは東洋的な特徴を持つ女の子です。ゲームの主役を作るに当たり、何かのキャラクターを元にしましたか?

A:最初は2つの特徴を持つキャラクターが欲しかった。メガマンよりもかわいくて、俺たちの主な基準となった日本のバンド、BABYMETALを思い出させる特徴を持ち込む必要があった。それにキムはツンデレ少女、つまり内側は甘くて愛情がありながら、外側はとても怒っているような感じなんだ。

(後略)

[訳注:Cat Nigiriはブラジルのソフトウェア会社で、KeenおよびNecrosphereといったゲームの開発で知られているようです。

▼元記事
Cat Nigiri revela detalhes sobre o desenvolvimento de Keen e seus planos para o futuro




2017年10月5日木曜日

[Reddit] 俺の米国西海岸2017年ツアー体験(パート2) #3(過去記事)

[Reddit] 俺の米国西海岸2017年ツアー体験(パート2) #3(過去記事)

aboynameddeath(2017年7月6日)






イングルウッド

ここは、俺が行った中で、昨年のレッチリUKツアーのバーミンガム、ジェンティング・アリーナと並んで、もっとも組織立っていた会場だ。俺たちが到着すると、連中は番号が書かれたリストバンドをくれて、それからここから離れて好きなところに行って、会場前に戻ってくるようにと言った。俺は9番だった。このシステムについて知っていたら、朝の6時に起きて、すぐに車を走らせていただろうが、俺たちは知らなかったので、午前10時半に来てこの番号だったら悪くない。俺はできるだけ多くのBABYMETALファンが良い番号を手に入れられるように、このことについてすぐにツイートした。つまり、より多くのファンが早い番号を手に入れれば、最前の競争は厳しくなるが、KORNファンに完全に囲まれた状態で最前にいても、良い体験にはならないんだ。だから俺たちはようやく一日観光することができた。グリフィス天文台に行って、プラネタリウムのショーを見た。

開場時間近くになって俺たちが戻ってくると、別の列にリストバンドを着けている連中を整然と行列させていた。それからセキュリティーがやってきて、もう一つの列(早く来て番号をもらわなかった連中だと思う)を先に入れるけれども、パニックを起こさないでくれ、フロアに入れるわけでなく、待機場所に入れて、その後で入った俺たちはフロアに直接行けるようにするからと話した。会場側はこのことを俺たちにしっかりと説明したので、誰も少しも心配しなかった。

それから入場の時間になると、俺たちをずっと一列にして、会場の外からフロアへ進ませた。二度立ち止まって数分待たなければならなかったが、その場合も壁に対して一列でいるように求められた。走ったり、追い抜いたりしないようにと言ったが、どの会場でも「走るな」というのは知っているが、スタッフの口調では、本気で言っていて、形だけ言っているのではないことがわかった。

フロアに着くと、自由にされたので、俺は最後の50メートルをダッシュして最前に行った。KORNのVIPがもういたけれども、最前を確保するためだけにKORNのVIPを買ったItchieや他のBABYMETALファンの近くにスペースがいっぱいあった(藁)。連中はヒロミ(コスプレイヤー)のために場所を取っておこうとしたんだろう。だから俺はItchieの右に入り、ヒロミは左に入った。そしてとても良い場所だったんだ! モアのお立ち台の目の前だ! 文字通り、会場スタッフはこれ以上のことはできなかったろう。俺たちを最前列まで一列で歩かせることを別にすればだが。

両手を挙げながら、"Babymetal Death"の2番目の「B」のところでユイがお立ち台に上がると、彼女は俺を見たがまったく微笑まず、その代わりにものすごく真面目な表情で見た。これはとてもユニークで面白かった。通常は、最前列のファンを誰か見ようとする時には、微笑むかうなずくかするんだが、何らかの理由でユイは俺の目を見つめながら真面目な表情を保つことにしたんだ。CMIYCのソロの時に、孝佳がソロの為にお立ち台に上がると、俺に向かって舌を突き出し、キツネ・サインを向けてくれた。

"Karate"の時に、俺が見たBABYMETALのショーの中で最も信じられないようなことの一つが起こった。女の子たちが床に横たわる2番目のコーラスの後のパートで、チュア・ビスタでのショーのようなやりとりができるはずがないと思っていた。モアのお立ち台は俺の視線をブロックする形で目の前にあったからね。でもモアはお立ち台とステージの床の細い隙間を通して見て、視線が俺の目と合ったんだ。お立ち台の下に小さなギャップがあって、彼女は俺を見るしかなかったんだ。もう少し上だったらお立ち台を見ていたろうし、もう少し低かったら床を見ていただろう。それからお立ち台に腕を預けて、モアは腕を俺の方に伸ばし、俺は彼女に向かってまったく同じことをして、それから数秒同じ格好をしていた。モアの腕は俺の方に、俺の腕はモアの方に伸ばしてね。それからモアは次の振り付けのために立ち上がった。彼女はあのパートの間、あの子犬がせがむようなつらそうな表情をしていて、あの表情になったときに俺をまっすぐに見たんだ。何て凝った、本当にありえない。俺は柵を乗り越えて、ステージに上がり、彼女を立ち上がらせたかった。

そしてモアがどこを見るのかをとても良く考えて選んでいるのを知っている。このセットの前の方で、彼女が最前列を左右に眺めながら、彼女の視線がどんどん俺に近づいてきたんで、俺は自分を見るのを待っていたんだが、彼女は俺のすぐ左にいたItchieを見てから視線を上げ、それから俺の右を見たんだ。だから「なんで? 何で? 何か悪いことしたかな?」と思ったんだ。そしてなぜ彼女が何でそうしたのか、"Karate"まで分からなかったんだ。

あの瞬間を捕らえているファンカムが見つからなかったのは残念だ。お立ち台の正面を除けば、文字通り何が起こったのかが見えるアングルは存在していなかったからだ。俺はあの後でほとんど泣きそうになってものすごい衝撃を受けていた。「Everybody jump!」の前の数秒、柵に頭を預けて、落ち着いて、気持ちを整える必要があった。

前の日にも同じことが起こったんだが、今回はずっと特別なように感じた。モアは通常はあのパートで左(俺たちから見て右)に手を伸ばすので、たぶんバーミンガムで俺が経験したように、自分のお立ち台の右(俺たちから見て左)に手を伸ばすのはまれだ。でも彼女がお立ち台の下の隙間から俺を見て、手を伸ばしてくるとは思ってもいなかった。この種のやりとりをポストした奴は誰もいないと思うので、とてもラッキーだと思う。

▼元記事
Reddit: My USA West Coast 2017 Tour Experience (Part 2)






[FT] ロンドンの「影」の音楽ビジネス

[FT] ロンドンの「影」の音楽ビジネス

ルドヴィック・ハンター=ティルニー(2016年10月4日)






昨年世界中で売られたアルバムの6枚に1枚は、ロンドンを本拠とする英国音楽産業によって生み出された。ロンドンの通りは、ツーリストがまねをするTHE BEATLESのアビーロードの横断歩道の横断からTHE KINKSの都市の牧歌性の傑作、"Waterloo Sunset"まで、ポップの歴史で満ちている。ロンドンは、世界最大の音楽ハブの一つだ。だが、プラチナ・アルバムや誰でも知っている名前は話の一部でしかない。ロンドンにはそれ以外にも数音楽の音楽が存在する。

(中略)

[キャプション] 4月に12,500人収容のウェンブリーSSEアリーナで演奏した日本のBABYMETAL

▼元記事
Inside London’s ‘shadow’ music business




2017年10月3日火曜日

[Reddit] 俺の米国西海岸2017年ツアー体験(パート2) #2(過去記事)

[Reddit] 俺の米国西海岸2017年ツアー体験(パート2) #2(過去記事)

aboynameddeath(2017年7月6日)






チュラビスタ

ユイのバースデー・ショー!

俺たちが会場の外の優先列で行列をしていたときに、100人ほどのKORN/STONE SOUR VIPが入るのを見て、「もう駄目だ。最前は無理だな」と思った。100人いれば、最前から3列は簡単にウマル。なぜ心配事から解放されるためだけでも、KORN VIPを買わなかったのかと思った。だがありがたいことに最後にはすべてうまく行ったんだ。俺たちが入ると、驚いたことに、そしてほっとしたことに、最前のところにいたVIPは30人ほどだった。他の連中がどこに行ったのかは分からない。俺は右側(ステージから見て左側)から入り、既にそちらから別の連中が入場していた左側(伝統的にユイの側)に走って、場所が取れないかも知れないリスクを取るべきか、それとも確実な一番近い場所を取るべきか考えていた。結局、俺は安全な方を選んで、大村孝佳 の正面の右側のはずれに行った。

理由一つ目:俺はこのショーでは絶対に最前を取りたかった。アルバカーキはラッキーなことに、親切なやつの後ろだったので、場所を変わってもらえたが、チャンスがどれだけ少なくても、俺が金を払うといっても最前を譲ってくれないようなやつの後ろに立つリスクは避けたかった。最前にいたことがあれば分かるだろうが、二列目とはまったく違う体験なんだ。理由二つ目:俺はアルバカーキで2日前にユイのお立ち台の前にいたので、彼女は十分に見たし、彼女は左側にいても、反対側にもくる。理由三つ目:これは利己的な理由なんだが、予想通り、左側はBABYMETALのファンで埋まっていたので、それほど目立たないですむ。でも右側では、BABYMETALのファンがもっと少ないので、目立つことができる。

APMAs以来、BABYMETALのショーの前にこれほどワクワクしていたことはなかった。誤解して欲しくないが、どのBABYMETALのショーでもワクワクしてきたけれど、何度も何度も何度も見ていると、分かってもらえるかも知れないが「ワクワクする」ようなワクワクはしなくなるんだ。文字通り、これから何が起こるのかについて、期待に体を震わせるような、最初のショーの前のワクワク感だ。

最前中央からずっと俺の所まで、BABYMETALのファンはいないように思えたが、ラッキーなことに、Captain_Usernameが、BABYMETALのセットの間、俺から三番目の場所を変わってもらえた。俺の右にはKORNのファンが2人、それから端までずっとBABYMETALファンが山ほど最前を占領していた。

だからこれは俺にとって、自分の左右がBABYMETALファンではない初めてのショーだった。少し孤独だったし、今日はその分だけ、いつもより激しく行くぞと心の中で思っていた(ユイの誕生日だからそうしない理由はなかったけどな!)

人生でそれまでショーであれほどジャンプしたり、叫んだりしたことはなかった。ものすごく激しかったので、俺の左側のやつがめちゃくちゃいらいらして、俺にやめろといった。たぶん彼にぶつかったか、ビールをこぼしたか何かしたんだろう。心の中では「うるせえ。俺はユイの誕生日のショーのために最前列にいて、彫像みたいにじっとしていて欲しいのか」と思っていた。でも実際には「ショーを楽しんでいるだけだよ」と言った。そしてもちろん、彼が何を言おうと気にせずに、またジャンプし始めた。あまりに熱狂していたので、眼鏡が汗で曇り、女の子たちが俺を見ているかどうかも分からなくなった。だからセットの途中で外さなければならなかった。

ユイの誕生日で誰もが彼女のステージでのアクションについてポストしているが、モアにも少し愛情を捧げておこう。

"Karate"で、床の上に横たわる2番目のコーラスの後のパートで、モアが自分の左側をずっと見回し、俺の方に腕をまっすぐに伸ばして、床から立ち上がるまでの間ずっと、俺たちの目線が合っていた。俺がいたところからは彼女の頭と腕しか見えなかった。巨大なフロア・スピーカーが彼女の体の残りの部分を隠していたので、彼女が俺を見るためだけにのぞいているような感じだったんだが、それが本当に可愛かった。(この瞬間をもっと詳しく述べたいんだが、イングルウッドのショーのところまで待ってくれ。そうすれば理由が分かる。)

"ギミチョコ!!"の間、モアがチョコを口の中に入れるまねをする最初のコーラスの後で、彼女はまた左の方をずっと見回してから、俺に向かって舌を突き出したんだ。このビデオの1:27から1:31あたりで見ることができる。

"メギツネ"の間、俺はスゥの変顔を見ようとしたんだが、顔を隠すためにマスクを傾けていたので、一番右側の最前の連中でも見えなかったろう。だがユイはモアに向かって変顔していたんだ! ユイがいつもはやっていないからか、あるいは俺のいつもの最前の位置では見えなかったからなのか分からないが、それまで見たことがなかった。でも俺にとってはとてもうれしいサプライズになったよ。

女の子たちは、とてもうれしそうに見えた。俺がこれまでに行ったショーでは、これほどステージでうれしそうだったことがない(ロブ・ハルフォードと一緒にやった時のスゥは例外だ。)曲の間で、女の子たちは実際にホップして、ワクワクしながら次の位置に移動していた。

ユイはショーの終わりに右端に来て、そこにいた俺たち全員におじぎした。答礼という感じではなく、実際にしっかりとお辞儀したんだ! このツアーの以前、ユイはショーの終わりには自分の中央の位置から動かないんだが、ここでは、一番右端(彼女の左側)にきてくれて、もう一歩踏み出したらステージから落ちてしまうところでお辞儀してくれたんだ!

これほどの右端で、信じられないほどのやりとりができるなんて思ってもいなかった。どセンにいるときでも半分は、これほどのやりとりはないと思う。

ショーの後で、俺たちは本当にハイになっていて、俺は目に入るBABYMETALファン全員をハグしてまわり、跳ね回った。グループ写真を撮影し、「We are...BABYMETAL!」と叫んだ。昨年のAPMAs以来、最高のショーだった! このショーンだけでもアメリカまで飛んできた以上の甲斐があった!

(コスプレしていた)ヒロミがユイだと思って近づいているやつも一杯いた。誕生日を祝って一人はシャツにサインしてもらおうとさえしたんだ。彼女は自分はただのコスプレイヤーだと説明しようとしていたと思うんだが、コスプレが何か知らなかったやつも多かったので、混乱していた。首を突っ込んで、彼女はBABYMETALのようにドレスアップしているだけだと話そうかとも思ったんだが、せっかくの幸せを壊したくなかった。

STONE SOURのセットの間に、俺たちは椅子の所に行って休み、俺のパーティ・ハットを見た男が、最前列の俺たちがこの帽子を被って何をしていたんだとたずねた。だから俺たちはユイの誕生日を祝っていたんだと教えたんだ! 前には触れなかったけど、俺たちが最前列で被っていたパーティー・ハットがずらっと並んでいるのは本当に美しかったんだ。観客の中で被って、他の連中もそうしているのを見ると、とても良い気分だった。俺たちを見てステージのユイがどう感じたかなんて想像も付かないよ。メタル・コンサートでいい大人が一段となってパーティ・ハットをかぶっているのを見たことある界?(爆)

KORNのセットの間、BABYMETALのスタッフのメンバーがピットの後ろからKORNを見ていた。そのうちの一人(名前は知らないが、ショーの前にボトルやタオルをセットしているやつだ)が見えたので、キツネ・サインをかざしたんだが、完全に無視して歩き去った。ふぅ。

▼元記事
Reddit: My USA West Coast 2017 Tour Experience (Part 2)