2018年2月25日日曜日

[Jot Down] BABYMETALの奇妙な旅路(その3)

[Jot Down] BABYMETALの奇妙な旅路(その3)

エミリオ・ド・ゴルゴ

[スペイン語からの重訳です]






2014年にBABYMETALは最初のフルレンス・アルバム、「Babymetal」を発売したが、国内では非常によく売れた。小林啓は、その妄想で日本のオーディエンスを勝ち取ったが、多き魔問題はこれほど常軌を逸したものが海外でも歓迎されるかだった。日本では、このコンセプトは海外同様に新規物と見られたが、人々は女の子たちと同じ言語を話し、テレビのおかげでその個性や軌跡を知っていた。視聴者はグループの文化的なコンテクストに慣れ親しんでいた。でも海外は? 反応の予想もつかなかった。アニメやマンガの世界的なインベージョンがそうではないことも示唆していたが、日本はとても孤立しており、西洋では知られていないことや、歓迎されないことが数多く起こっていた。つまり、西洋では「マイリトルポニー」(女児向け玩具)の忠実なファンである大人たちと結びつくかも知れないということだ。だがこういった連中が重機を取り扱うべきかどうかというのは別として、私たちが取り扱っているのはマイノリティの話である。ヘビー・メタルは一方でそれほどマイナーな存在ではない。ポップほどの勢力ではないにせよ、メタルのフォロワーはスタイルに対してとても、とてもこだわりがあり、BABYMETALは個人的な怒りを買うものとなるかも知れなかった。

インターネットがなかったら、BABYMETALが日本を出ることはなかったかも知れない。グループのYouTubeアカウントのビデオのコメント欄で西欧言語によるコメントの数が増えていたので、小林は希望を持っていた。小林はぜひ試してみたいと思っていたし、日本の現象の中には海外で良く理解されていないものがあることも意識していた。もちろん小林は痛み止めなしの難しいやり方でこれに挑んだ。誰も聞いたことがなかったBABYMETALの国際デビューの場として、小林が選んだ最もデリケートなシナリオが、英国に向かう2014年のソニスフィア・フェスティバルだった。理論上はこれは芸術的な自殺、そしてほとんど文字通りのそれだった。ヘビー・メタルを知っていれば、気に入らないものがある時には、一部の観客、特に英国の観客がどのように反応するのかが分かっている。私たちは、いくつかのグループが恥と侮辱の対象となり、さらにひどいことに、小便入りのボトルのような投げ込まれたものを雨のように浴びることもある。

海外ではじめて、しかもさらに恐ろしいことに、BABYMETALを本物のメタルに対する侮辱と取りかねない観客で満杯の、人生最大の観客の前で演奏するということに対して、三人の無防備な日本人の少女がどれだけ優樹が必要だったかを想像して欲しい。このような経験をしたいと思うものはほとんどいないだろうし、もちろん私もあえてそうしたいとは思わない。さらに悪いことに、日本では彼女たちは既に有名であり、独自の照明、ステージ、イフェクトなどがあったが、ソニスフィアではセカンド・ステージで昼間演奏しなければならず、そのショーで成功を勝ち取れるのは自分自身(とバック・ミュージシャン)だけの力だった。コンサートを最初にスタートさせた否定しようがないミュージシャンたちのパワーは、自分たちのバックに本物のメタル・バンドがいることを明らかにしたが、三人の女の子たちが臆することがなかったという事実は評価されてしかるべきものだ。そうだ、彼女たちはあの観客の前に立ったのだ。これは悲劇に終わったかも知れないが、彼女たちはそのカワイイ魅力とエネルギーを示し、30分の演奏を経て、成功し、観客を納得させてステージを去った。英語の発音すらほとんど知らない三人の日本人の少女がソニスフィアのメタラーに「ギミチョチョチョチョ」(ビデオの2:45秒)を歌わせたという事実は、このイベントにいた人々の携帯電話によるドキュメンタリー映像がなければ、信じようがないようなこの世のものとは思えぬ現象だった。でもこれは現実になったのだ。

[ソニスフィアでの"ギミチョコ!!"ライヴ]

BABYMETALのカワイイ・メタルがソニスフィアで成功したとすれば、少なくとも理論上は欧州のどこでもうまく行くことになる。さらに、欧州のヘビー・メタル・メディアの一部(全部ではないと申し上げておく)が彼女たちは本物であると認め始めた。メタル・ハマー誌は、その次の号で彼女たちを特集したが、他の雑誌ははっきりとけなしてはいなかったが、もっと懐疑的だった。だが噂が功を奏し、人々はBABYMETALのコンサートを見るために行列を作り始めた。最初は彼女たちを笑いものにするのは簡単だが、実際にコンサートに行った人々は、会場をどれだけ素晴らしいショーだったかと語り合いながら去るのだ。BABYMETALは既に数年の間、観客をどうしたら意のままにできるのかを学んでいたので、欧州では彼女たちはとても洗練されたものに見えた。人々は、このグループの一部として音楽の高い質があり、スゥメタルのヴォーカルは素晴らしく、三人の女の子たちには疑いようのない努力が存在することを認めたのだ。

だが、常に困難なアメリカ進出が残った。BABYMETALはロサンジェルスのフォンダ・シアターデビューを飾った。いつものように、バッキング・バンドが(カリフォルニアのロック・ファンをいつでも喜ばせるVAN HAHENへのトリビュートを含め)その演奏技術の高さを示しながらコンサートを始め、それから三人の女の子たちがその奇妙なフュージョン音楽を歌い、踊った。ここでも成功した。初のアメリカでのコンサートで彼女たちは熱狂的に迎えられ、アメリカでも彼女たちをまたライヴで見たいという需要が高まっていったのだ。

▼元記事
El extraño viaje de Babymetal






2018年2月24日土曜日

[Jot Down] BABYMETALの奇妙な旅路(その2)

[Jot Down] BABYMETALの奇妙な旅路(その2)

エミリオ・ド・ゴルゴ

[スペイン語からの重訳です]






これまでのところ、やはり何も新しいものはない。あどけない少女のバンドという公式は日本ではとてもありふれているし、理屈の上では、それほど秘密めいたところはない。ポップなメロディーとかわいいイメージだ。だがどのようなビジョンによるものかは神のみぞ知るだが、小林は最初のコンセプトから離れ始めた。いつもと違う子供たちの音楽を録音する可能性に刺激を受けたのだ。だがどのようなスタイルを使って違いを出せばいい? すず香は素晴らしい声を持っているが、彼女の声の響きは非常に伝統的だったので、彼女が歌い方を知っていた、「アイドル」では典型的なモダンなR&Bやポップから離れるくらいでは実験は不十分だった。この問題についていろいろ考えてからある時点で、小林はひらめいた。彼のお気に入りの音楽はヘビー・メタルだったので、もし甘いメロディーにギターの伴奏を加えたらどうなるだろうと考えたのだ。確かに、このようなアイデアは意味がないように思えたが、それでも小林は試してみて、少なくとも自分の視点からはうまくいった。怒鳴り声とまではいわなくても、通常は力強い声が伴うギターに、すず香の天使のような声はフィットした。サウンドのケミストリーに満足すると、実験に欠けているのは名前だけだった。そこで浮かんだのがBABYMETALだ。これは日本語の発音では、ヘビー・メタルと韻を踏む。従って、すず香はスゥメタルに、二人の仲間、水野由結と菊地最愛はそれぞれユイメタルとモアメタルになった。

あまりに馬鹿げていて、これまでの所、これはひどいジョークで、たぶん誰も思いつかないような途方もないばかげたことだと思うだろう。だが、小林啓がマネージャー、そしてプロデューサーとしてその優れた才能を発揮し始め、この商品のコンセプトができた瞬間からそれは存在したのだ。まず、小林はアメリカで良くあるような強烈なギターで演奏される代用的あるいは適当なコード構造ではなく、本物のヘビーメタルで女の子たちをバッキングする音楽を望んだ。最初のシングルを録音した時、小林はPANTERAのアルバム(ジョークじゃない、小林は何度かこう言っている)のようなミックスで、楽器をミックスした。また、特にダンスにおいてビジュアルな側面を重視し、ギターのパワーは反映しながら、かわいさは失われないようにした。広島時代のすず香のダンスの先生を振付師として雇ったので、女の子たちはかわいいステージをエネルギッシュにやれるようになった。私は振付師でも何でもないが、かわいいポーズを取りながら、ホーンをするのは独自の優美さがあると思う。

"ド・キ・ド・キ☆モーニング"と名付けられたファースト・シングルは、CLAWFINGERの"Do What I Say"の子供がシンガーを誘拐して曲を手に入れたように、表面的には奇妙に響く。だが、小林はすべてをさらけ出したわけではない。小林はロック・コミュニティーで有名であり、後に認めたように、日本のヘビー・メタルのファンから石を投げられたり、それまで何度も仕事をしてきたので、小林が良く知っていた国内のメタル・ミュージシャンのコミュニティーが、BABYMETALは異常だと考えるのではないかと心配していたのだ。また分かりやすいポップに慣れた青少年のリスナーが、この発明をどのように消化すれば良いのか分かるという保証もなかった。最初から、「何じゃこりゃ」という要素は、BABYMETALの中にものすごく存在していた。さらに当時、バック・バンドもいなかったし、本当に歌っていたのはすず香だけだったので、まだ実験室の産物とは大して変わらなかった。ただし、最初のライブで、BABYMETALは既に自分たちの主な特長のいくつかを披露している。すず香の自身と三人の女の子たちが振り付けを踊るときのクセになるエネルギーだ。既にその魅力の一端が表れていたことは否定できない。彼女たち(そしてはっきりとは言えないが、盛り上げるために使ったのではないかと疑っているサクラたち)は、新しい種類のショーを創り上げた。2010年の白昼夢のような女の子たちのデビューを見て欲しい。

[BABYMETALのデビュー・ステージの映像]

女の子たちがステージに慣れるにつれ、活動はさらに頻繁になっていった。最初はポップ音楽のサーキットに登場していたが、小林は「アイドル」シーンでは守られるべきプロモーションのルールをいくつか巧妙にスキップしていた。その撮影には細かな指示が与えられる。「カジュアル」ということになっているテレビのインタビューでも、写真撮影のように細部まで考えられている。小林は虫眼鏡で見るように、衣装、メーキャップ、シナリオ、そして照明に注意を払った。BABYMETALはステージではより洗練されたイメージを高めていったが、小林はオフステージでは、特別な照明やメーキャップ、あるいはレタッチなしのできるだけ自然な形でカメラが彼女たちを捉えることにこだわった。ステージで観客にホーンを掲げている三人の小さな獰猛な生き物たちと、本当にまだとても小さな三人のお子ちゃまたちの間のコントラストを強調したのだ。このギャンブルは見事にあたり、BABYMETALはアイドル界以外からの注目を集めるようになった。2012年に彼女たちは日本の重要なロック・フェスの一つ、サマーソニックに登場した。ほとんど観客のいない小さなステージで演奏したが、最前列のいつものファン以外の疑いを持ったオーディエンスのグループは吹っ飛んだに違いない。

小林啓が細かなところまで注意を払って来なければ、単なる逸話で終わっていたかも知れない。例えば、自分が観客として出向いたヘビー・メタルのコンサートで、ある照明技師から感銘を受けた時に、小林はBABYMETALのために働くよう説得した。以降、照明はBABYMETALのステージングの別の魅力となった。さらに小林は、ステージ裏からの再生に合わせて踊るプレイヤーを雇った。おかしいのは、観客に本当に演奏していると思わせるために、きちんと再生に合わせるリハーサルを行ったことだ! 小林はこれでは不十分と考えると、別のミュージシャンを集めたが、今度は本当にアルバムとライブで演奏するミュージシャンだった。彼はただに藪をつついて回り、ミュージシャンと契約したわけではない。日本のメタル・シーンのミュージシャン中のミュージシャンに演奏してもらうために、できる限りの力で説得して回ったのだと思う。演奏面においては、BABYMETALのバックバンドである神バンドは、国際的なヘビー・メタル・シーンでもトップクラスだ。

本物のミュージシャンのグループを伴って、BABYMETALのライブ演奏は饒舌なパントマイムではなくなり、合唱やイフェクトの一部が録音である本当のコンサートとなった。そのライブ・ショーのパワーがさらに二倍となったことで、BABYMETALは、いつもシーンからの完全な拒絶を恐れていた小林も驚いたことに、日本のメタル・ファンの尊敬を集めるようになった。やがてBABYMETALは様々な種類のオーディエンスを集めるようになり、二年ほどの間に、彼女たちは国内のトップにまで駆け上がる。2013年、彼女たちはシングル、"イジメ、ダメ、ゼッタイ"をリリースし、成功を収めて東京の伝説の武道館で演奏することになった。この会場ではボブ・ディラン、オジー・オズボーン、そしてCHEAP TRICKのような伝説のアーティストが録音を行っている。当時、女の子たちは16歳(スゥメタル)と14歳(残りの二人)で、過去4年の間にステージングを大きく洗練させており、デビューとはまったく別物になっていた。ミュージシャンたちはもちろん圧倒的だったが、彼女たちはまた完全にステージを支配していた。彼女たちはまだ異星人だろうか? かなりそうだったが、もう彼女たちは本当のグループになっていた。それだけではない。小林は国外では知られていなかったが、多くの西洋のメタル・バンドびっくりするような素晴らしいシーンを演出していた。例えば、"Babymetal Death"という曲の中間で、16歳のシンガー、スゥメタルは磔にされる。狂気そのものだ。メタル・ファンはこの演出に文句の言いようがなかった。BABYMETALとその磔は、マリリン・マンソンがミサの従者に見えるほどのものだったからだ。

▼元記事
El extraño viaje de Babymetal






2018年2月23日金曜日

[Jot Down] BABYMETALの奇妙な旅路(その1)

[Jot Down] BABYMETALの奇妙な旅路(その1)

エミリオ・ド・ゴルゴ(2018年2月21日)

[スペイン語からの重訳です]






奇妙で説明できない音楽キャリアが存在し、その一つがBABYMETALのそれだ。もうBABYMETALを知っているなら、私が何の話をしているのか分かるだろう。そうでなければ、いずれにせよ、昔のSF映画の広告にあったように、驚く準備をしてくれ。好きになるか嫌いになるか分からないグループと向き合うことになるからだ。最初はおそらく気に入らないだろう。でもBABYMETALを発見することは新しい体験なのだ。これまで見たこともないようなものだ。最初にBABYMETALが動いているのを見たら、頭に自動的に浮かぶのは、「何じゃこりゃ」だ。そういう漢字なんだ。あまりにショッキングで、どんなステレオタイプにもはまらない。だがステレオタイプというのは乗り越えるためにあるものだ、たとえ限界を超えようとする者が常に成功するとは限らないが。乗り越えようとする者はそれだけで嘲笑されたり、無視されたりするリスクがあるし、その存在はまず気付かれない場合が多い。だが時にはその逆で、ステレオタイプが、まったく想像もできないような存在によって打ち壊される。これがあらゆる妥当な予想にもかかわらず(少なくともミュージシャンの)ヘビー・メタルの世界のハートを勝ち取った三人の少女たちであるBABYMETALのケースなのだ。そして君が無視していても、いやでもそうなる。最初人々は途方に暮れ、それから共感するようになり、最後には自分の道を進んでいればみんなが賞賛することになる。

ステレオタイプから始めよう。ヘビー・メタルは男のものであり、あるいはせいぜい、強いイメージを放つ女性のものである。ハードなタイプとハードなタイプ。別のステレオタイプは、ヘビーメタルは攻撃的に歌われるものであり、従ってそもそもティーンポップ、特にJポップの破壊的な日本のティーンミュージックのような甘ったるいフォーマットとは相容れない。ヘビー・メタルはファモーザのオモチャのような声で歌ったり、アメリカのチアリーダーのグループと学校のダンスの中間を行くような振り付けによるステージングを伴ったりしてはならない。このようなステレオタイプは、BABYMETALが粉砕したステレオタイプだ。私たちの三人の主役は、カワイイを完璧に表現する。カワイイは「キュート」のようなもので、こうしたステレオタイプによれば、国際的なメタル・シーンでは付き合うことも、まともに取り上げることもできない。現実はどうだろうか? BABYMETALは、地球上で最も有名なヘビー・メタルやハード・ロック・グループの99%の尊敬を集めている。

そうだ、彼女たちが共感を集めるのは、彼女たちがとても小さい頃からはじめて、8年近く活動した今日でさえも、彼女たちはまだとても若い(例えば、一番若いメンバーは20になったばかりだ)。世の中で彼女たちが優しい目で見られるのは理解出来る。だが、誰もがBABYMETALは最初、実験室の実験で始まったとしても、彼女たちはヘビー・メタルに取り組み、その出世の過程で、大人の荒くれ者が結成したようなグループでさえもびびるような観客に立ち向かってきた。自分たちもステージに立ち向かってきたロックの聖人たちには、BABYMETALがてめらうことなくステージに上がり、全力を尽くしてきたことが分かっている。実際、この言語に絶したトリオの経歴を見直さない限り、なぜすべての伝説のヘビー・メタル・バンドが、三人のBABYMETALの女の子たちを成熟した同僚として扱うのかを理解することはできない。

BABYMETALが、独自のスタイルで世界を征服したのが明らかになったのは、アメリカの主要テレビ番組、ザ・レイト・ショー・ウィズ・ステーヴン・コルベアに出演した2016年半ばのことだ。コルベア自身が、彼女たちが創り出す印象をそのまま語る「これから何を見ることになるのかよく分かりません…でも私はとてもワクワクしているんです!」と言ってBABYMETALを紹介し、観客のヒステリックな反応は、女の子たちがスターダムを勝ち取ったことを示している。(ヘビー・メタルのコンセプトに合致する)ミュージシャンたちのパワフルなバンドにサポートされ、三人の女の子たちは"ギミチョコ!!"という曲を演奏した。この曲の子供っぽい歌詞とポップなメロディーは、轟音のメタルに支えられる。長年に渡ってあらゆる種類のシナリオにおける偏見と闘い、三人の女の子たちは有名なTV番組に出演しても臆することはなかった。逆に、彼女たちは自分たちが既にステージを完全に支配し、人々を魅了する方法を知っていることを見せつけた。

私は主張する。もし君がまだ彼女たちを知らないなら、この曲が気に入ると思って下のビデオを見ないことだ。(ただし私は気に入っていて、そういう曲はそんなに多くない。)標準のスタイルのパラメーターで局を判断したり、議論の対象とならない、素晴らしいミュージシャンたちの演奏の質について問いかけるためのものではない。君が耳にするもので反感を覚えたとしても、私には理解出来る。これはこの三人の女の子たちが示すことができるショーの強烈さの全体を眺めるためのものだ。同じような番組で、私はほぼ毎週ライブ演奏を見ているが、ゲストのグループが、これほどのエネルギーを与えてくれることはほとんどないと信じてもらって良い。

[ザ・レイト・ショー・ウィズ・ステーヴン・コルベアの"ギミチョコ!!"ビデオへのリンク]

実際、君が考えていることは分かる。私も同じようなことを考えた。でも、どれだけ考えても、私は同じような現象を思い出すことができない。このカワイイ・メタルのグループは、METALLICA、GUNS N' ROSES、RED HOT CHILI PEPPERSの前座を務め、日本のバンドとしてはじめてウェンブリーのヘッドライナーとなり、米国と欧州のチャートで成功を収めた数少ない日本のグループの一つとなった。彼女たちは、メタル・ピュアリストたちが、彼女たちの演奏にリンチを加えようと待ち構えていることも知らずにフェスで演奏するような、ケイティ・ペリーやブリットニー・スピアーズでさえ直面したことがないようなことを経験してきた。だが遠回しな言い方はやめておこう。BABYMETALの実験は、基本的に二人の人物を中心としている。プロデューサーの小林啓、そしてシンガーの中元すず香だ。最も二人はそれぞれコバメタルとスゥメタルというニックネームで知られているが。小林啓(パリのミシュランの一つ星で知られるレストランの同名のシェフと混同しないように)は、音楽的にも美学的にも、この発明全体の黒幕だ。すず香は、その声と時間をかけて成長してきた圧倒的なカリスマをもたらす。

2010年に、私がガキだった頃、すず香は可憐ガールズというグループに加わっていた。特に面白いものではなく、やはり小さな子供たちで構成されていたと思われるリスナーのためにひどい音楽を録音していた、小さな子供たちによるディスコ風ポップのトリオだ。(ただし、日本では何がどのようなリスナーに向けられているのかははっきり分からないし、とても困惑させられる。)可憐ガールズはツアーに出ることすらなかった。何曲か録音し、数本のビデオクリップを録画し、インタビューを何度か行っただけだ。それも大量消費のための十代の商品を投入し、しぼるだけしぼり取り、それから別の商品と取り替える日本の「アイドル」業界のスピードと軍隊のような効率と共に。可憐ガールズの衣装やテーマは人気のあるアニメ・シリーズに基づいていたので、この三人は当時流行のアニメの短命のマーケティングに過ぎなかった。契約の予定通り、彼女たちは解散した。世界は何かを失ったわけでは無い。だが、それがひどいものだったとしても、そこには当時わずか11歳だった未来のBABYMETALのヴォーカリストがいたのだ。彼女の特徴である飛び出した耳でそれと分かる。残りの二人の女の子たちは音楽を離れスタジオに集中したが、すず香はステージにその血が流れていた。彼女は故郷の広島で七歳の時から権威ある俳優スタジオでレッスンを受けており、実際、彼女はBABYMETALのキャリアと並行して舞台で演じ続けた。彼女はまた、子供向けの典型的なテレビ番組にも出演した。ここまでは、この業界で歌っている他の女の子たちと彼女の間に違いはなかった。

一方、小林啓はヘビー・メタルの世界のハードコアなプロデューサーで、カネになるとしても、アイドル・ビジネスはやめたいと思っていた。小林は、可憐ガールズを引き継いで、歌もダンスも演技も出来、堂々とステージで演じられるすず香を中心にやりたいと考えていた。アイドル業界でよくあるように、小林は芸能事務所に目を向け、トリオを作り直すための二人の新しい要素を見つけようとしたが、候補者は誰も音楽の才能がなかった。「残りの候補者は歌ったり踊ったりした経験がなく、ただ行進したり、演技したりしていた子供モデルでした」と小林は振り返っている。すず香に当然のようにある要素の組み合わせが他の女の子たちにはなかったので、小林は探すのに疲れ、すず香を唯一のメイン・シンガーにすることにした。小林は、お供となる二人のもう少し小さな女の子を探した。すず香と共にダンスし、簡単なコーラスをつけるだけで良かったので、素晴らしい声さえも必要なかった。

▼元記事
El extraño viaje de Babymetal






2018年2月18日日曜日

[Reddit] 幹大の楽器の特別展に行った

[Reddit] 幹大の楽器の特別展に行った

sho-taBlue(2018年2月17日)






東京に着いてすぐ、俺と妻はこの展示会を見るために渋谷に向かった。

渋谷駅前の有名な交差点を抜け、BABYMETALにすごく関係のあるビル、タワーレコード渋谷店の前を過ぎて、俺たちはESP Museumという会場にたどり着いた。

このビルには、2階にESPクラフト・ハウスというショップもあって、ミュージアムは3階で、そこで幹大の楽器の特別展示を開催していた。

ミュージアムの外でも、もうほとんど涙が出そうだったが、勇気をふるって中に足を踏み入れた。

入り口に、写真が数枚と幹大のギターが1本、壁に飾られていた。

奥に進むと、さらにいろいろ展示されていた。すべてガラスのケースに入っていたので、光の反射なしで写真を撮影するのは難しかった。だから写真のブライトネスとコントラストを調整してここで見せるけど、質は高くないので申し訳ない。

展示していたのはE-II ARROW-7、ストラトキャスター(ボードには「逆」と書いてあったが、このヘッドはレギュラーに見えないか?)、ESP E-II HORIZON FR-7 BLK、E-II HORIZON、ESP SNAPPERカスタム、それに複数のアコースティック・ギターだ。

またイフェクター・ケース、いつも使っていたピック、それに楽譜が何枚かと言った、どのように幹大が音楽を創り、演奏していたのかを感じられる、とても感動的なものも展示されていた。

俺が驚いたのは、こうした楽譜の上には、幹大が追加したフィンガリングについての多くのメモがあったことで、そこには薬指を意味する数多くの「薬」という字もあった。「薬」のような複雑な字を書くのはずいぶんめんどくさかったろう。画数の多い漢字の代わりに、もっとシンプルなマークかなにかを書くこともできたはずだ。日本人ギタリストにはごく普通のことなのか、それとも幹大の性格を表していたのか分からない。

そして壁の上の写真の中でも、幹大はとても落ち着いてクールに見え、何よりもギターを愛していた。

最後に、俺たちは訪問したファンのために用意したノートにメッセージを残した。係員が写真カードをくれて、「サンキュー」と言った。

俺はとても感動したが、同時にひどく悲しくなった。幹大の人生の証拠を見ると、いまだにもう幹大がここにいないというのが信じられない。この悲しみと小神様のいない世界を乗り越えられるだろうかと思う。

*俺は土曜も働いていたので、幹大の追悼コンサートのチケットが今朝売りに出たときに、PCの前にいられなかったんだ。30分かからずに売り切れたよ…(T_T)

khaandidk
ステキな記事だ。ありがとう。俺は4月末に東京に行くので、当日券があることを期待している。だめなら、チケットなしでも買えるDVD販売があるといいな。

Kmudametal
どうもありがとう。同意だ。今でもビデオを見るのがしんどい。彼は黒キツネ祭りで本当に熱が入っていた。彼の熱意が俺を感動させた。ショーを通じてギターをスクウィールさせていたように思える。"ギミチョコ!!"は幹大のスクウィール祭りだった。

俺は特に君が撮影した楽譜が気に入っている。これはファンが見ることができない幹大の側面を示している。なぜ神たちが幹大の不在をひどく悲しんでいるのかを示している。

Leuraupp
レポートをありがとう。とても悲しいが、写真の中の幹大の顔はとても落ち着いていてステキだ、偉大な小神様!

Facu474
レポートをありがとう :) 俺の側で言えることはそんなにないが、ここ一ヶ月の前に語るべきことは語ったと思う。

これのために東京に行ったのかい? 複数の町ではなく? それともいずれにせよ行くつもりだったのかな。

俺はソールドアウトに関する英樹のツイートを見た。BABYMETALのファンはいつもチケットを得るためにあり得ない目に遭うのかね。バンドに関係するショーでも? 呪いだよ。

Tanksenior
レポートをありがとう。読み、写真が見られて良かった。

君がチケットが手に入れられなくて悲しい。ちょっと驚きもしたが、ファンがこのイベントをとても熱心に見たがっていてうれしくもある。ダフ屋がからんでいないことを期待するよ。

LehmannDaHero
これはお茶の水だよね、違う? 前に行ったことがある。

fearmongert
君の体験をシェアしてくれてありがとう。それから写真にも。

前に行った連中とショーの会場に行くのかい?

心から、どれだけの人々が幹大がいなくなって悲しんでいるのかのしるしとして神バンドがショーのソールドアウトを目にしてことができ、どれだけ自分たちの友人が愛されてきたのかを知ることで少し慰められることを希望している。

▼元記事
Visited the special exhibition of Mikio’s instruments.






2018年2月16日金曜日

[Download] 俺たちがBABYMETALを愛する10の理由

[Download] 俺たちがBABYMETALを愛する10の理由

(2018年2月15日)






カワイイ・メタルの女王たち、BABYMETALが、ヘッドライナーのAvenged Sevenfold、Guns N’ Roses、そしてオジー・オズボーンに加わり、今年の夏、ダウンロードに凱旋する。

スゥメタル、ユイメタル、そしてモアメタルは、2012年のブレイクスルー・ヒット、"ギミチョコ!!"で俺たちのハートをわしづかみにして以来、快進撃を続けてきた。ダウンロードでは三度目となる今年、この日本人トリオを愛する理由は山ほどあるが、フォックス・ゴッドに相談して、俺たちはそれをこれぞという10にまで絞り込んだ。

1. メタルを刷新

しばしばメタルのマーマイトと呼ばれるBABYMETALは、その登場と共に、メタルの世界をぶちこわした。その高い評価を受けた、バンド名を冠したデビュー・アルバムは、Jポップの分厚いコーラスを、とどろくようなリフ、激しいソロ、そして大音響のツーバスのビートと組み合わせてショッキングな効果を上げたカワイイ・メタルに合わせて、最もマジなメタルヘッドさえもモッシュさせた。

2. 2015年にダウンロードでDRAGONFORCEと協力

このトリオがはじめてダウンロードに登場したのは伝説となっている。2015年、会場に彼女たちがシークレットで登場するというひそひそ話が、ドニントンの噂製造機によって過熱状態になったからだ。メタルのパワーゴッド、DRAGONFORCEのステージに加わり、BABYMETALはクラシック、熱狂を呼んだ"ギミチョコ!!"のシンガロングを伴う演奏で、すし詰めのマーヴェリック・テントの天井を吹き飛ばした。

3. フォックス・ゴッド

聖なる指導者として、野生動物のコミュニティーで最もつやつやしたメンバーを持つバンドを嫌いな人間がいるだろうか? バンドのプロデューサー、コバメタルによれば、フォックス・ゴッドはスゥメタル、ユイメタル、そしてモアメタルをBABYMETALの音楽を世界中に広めるために特別に選んだのだという。フォックス・ゴッドは、次に何をするのかについての啓示をバンドに与えており、これによって、数多くのヘッドバンガーたちがそのキツネのようなリーダーのフォロワーになったのだ。

4. メタルレジスタンスを実現

バンドのセカンド・アルバム、「Metal Resistance」は俺たちがBABYMETALについて知っていて、大好きなすべてのことを、崇高な結果にまで高めた。ミュージシャンシップはさらに上のレベルに達した。"あわだまフィーバー"ではドラムンベースとバトルするよりヘビーなリフ、テクノ・フォーク・ロックを探求した"META メタ太郎"、そしてエモなエレクトロ・バラード、"From Dusk Till Dawn"は、バンドのこれまでに見られなかったバンドのよりソフトな面を示した。メロディーはさらにクセになるものとなり、まさに耳から離れない"Karate"は、何日も俺たちの頭の中で幾度となく繰り返された。

5. ダウンロード2016で完全に圧倒

BABYMETALがダウンロード2016でレミー・ステージに演奏するために凱旋したとき、キツネ・サインがしっかりと天に掲げられた。"Babymetal Death"のシュレッドの黙示録でセットを開始し、このトリオは最もハードコアなメタル・ファンも"ギミチョコ!!"に合わせてシンガロングさせ、そのダンス・ムーブをまねさせた。セットは、リフの素晴らしいアンセム、"Road of Resistance"で、あの週末、最も大きなサークルピットの一つと共に終わった。

6. 俺たちに一番かっこいいダンス・ムーブを教えた

俺たちはダンス・ムーブの話をしただろうか? BABYMETALのシームレスな振り付けは、"Karate"のダンス・ルーチンを完璧にするために、毎晩鏡の前でダウンロード・ドッグにハイキックさせた。バンドの揃った動きというブランドが、それぞれの曲のストーリーを語って、エピックな演奏とすることが、BABYMETALを特別な存在にしている理由の一つだ。

7. クセになるほど熱狂的

BABYMETALのショーは、本当に楽しいので、最もハードコアなメタラーも微笑まずにはいられない。このトリオは必ず、セットを通じて続く、クセになる熱狂と共にステージへと駆け上がってくる。彼女たちの曲は、ポジティブさと自身に満ち溢れている。"Karate"は障壁を壊すために自分自身と戦うこと、"イジメ、ダメ、ゼッタイ"は、イジメに負けずに立ち上がれというスローガン、そして"GK"はモッシュに対する愛情の曲だ。

8. 有名なファンの軍団がいる

俺たちは良い仲間と付き合うのが好きで、BABYMETALはロック、パンク、そしてメタルの特権階級をして彼女たちとセルフィーを取るために行列させる。Slipknot、Anthrax、Judas Priest、Sum 41、ロブ・ゾンビ、マリリン・マンソン、、Five Finger Death Punch、Pierce The Veil、そしてジーン・シモンズはこのトリオと一緒に乾杯をかわした。

9. 彼女たちはチャートブレーカー

BABYMETALは、セカンド・アルバム、「Metal Resistance」でチャートを駆け上がり、英国のオフィシャル・アルバム・チャートで日本のバンドとして最高位を獲得した。彼女たちはまた、2016年にウェンブリー・アリーナでヘッドライナーを務めた最初の日本のバンドとなり、会場のマーチャンダイズ販売の記録を破った。押忍!

10. 素晴らしいライブ・ショーがある

BABYMETALのショーは、もっと見たいとまた俺たちを戻ってこさせるものだ。いつもあらゆる年代の観客に一語一語シンガロングさせるスゥメタルのステキなヴォーカルによって、ショーという以上にお祭りとなる。ユイメタルとモアメタルはダースベイダーが誘拐しようとしない限り、邪魔されることのないこの世のものとは思えないダンス・ルーチンを精力的に行う。BABYMETALのばからしいほど才能のある顔のないバッキング・バンド、神バンドも、スポットライトを浴び、バンドのジャンルを超えるレパートリーを通してシュレッドする。BABYMETALについては百聞は一見にしかずなのだ。

BABYMETALは、今年の夏、ドニントンに戻り、ダウンロードをさらにハードにロックする! サークルピットで会おう! \M/

▼元記事
10 REASONS WHY WE LOVE BABYMETAL







2018年2月14日水曜日

[Reddit] ロック・サウンド誌の質問:バンドを見るために移動した最大距離は?

NoRaD6(2018年2月13日)






Andy-Metal
俺たちの一番旅しているキツネ、ミスター/u/facu474、お呼びですよ :P

Facu474
やったよ :)

そして、俺は二度やったことに触れるのを忘れた、俺は狂ってるからね

Komebitz
ハ、ハ! 君は基本的にBABYMETALのために世界二周したんだね。ああ、それは献身(あるいは狂気、または両方)だ

Facu474
いいことは、あの旅だけで、ゴールドのフリークエント・フライヤーのステータスに必要な25,000マイルを達成したことだな。

そしてああ、俺は狂ってる。

Komebitz
そしてあれはそれだけの価値がある! おめ!

BrianNLS
ああ、俺は献身的な狂気と呼ぶな

trexdoor
君は俺たち全員のインスピレーションだ。

つまり、俺は日本への直行便が毎日出ている空港から10分のところに住んでいるんだ。君にできるならどうして俺にできない? やれやれだぜ。

Facu474
そうだな、もしそうなら、君の住んでいるところでBABYMETALのショーがあると思うよ :)

だからそこで見られるんだ。俺がこうしなければならないのは、BABYMETALが南米でまだ演奏していないからで、何らかの理由から、(ワン・フライトで行ける)アメリカや欧州と日本への料金が一緒なんだ。文句を言っているんじゃなく、そう言う風に気に入っているのさ。

vinz0r
わお、それはすごい。次は連絡してくれ、俺も東京に行くんだ :)

Facu474
いつ東京に行くんだい? 俺はいつもはBABYMETALがツアーファイナルをやる時に行ってる(だから2016年の9月と2017年の10月だ)。

Andy-Metal
ああ! 君が俺の最初に考えた相手だ。複数のショーやフルツアーを追いかけた連中もいるけど、君の日本からのものすごい距離はまともじゃないし、君が行ったように、二度もやるなんて十分狂ってる!

DGer
好奇心からだが何で六時間列車に乗る? 東京以外のどこにでも飛べたのに、写真から見ると東京ドームのショーみたいなのが不思議。

Facu474
俺は到着してからまっすぐ広島に行って、それから東京に戻ったんだよ :)

正確に説明することもできたんだが、それだと言葉がずっとたくさん必要なんだ :D

DGer
ショーのために広島に行って、それから別のショーのために東京に行ったのか? おせっかいですまんが、本当に興味があるんだ。

Facu474
おせっかいなんてことはないよ。俺は町について知るために広島に行って、それからショーのために東京に戻ったんだ(それから、実際はもう少し込み入ってる。)

TweetsInCommentsBot
@FacuRaimundez
2018-02-13 21:48 +00:00

@rocksound 俺は(ニューヨークでのストップを含め)24時間以上、アルゼンチンから飛んで、それから6時間列車に乗って、午前6時に起きて(これは俺にとって午後6時だ)、初めてのBABYMETALのショーを見るために列に並びに行った。

絶対にその価値があった。彼女たちのショーはものすごくて、俺は一生の友人が得られたんだ。

ZeppLives
BABYMETALの前に、俺は2時間以内なら行った。彼女たちを見つけてから俺は……

ラスベガスからロス(2度)
ラスベガスからフィラデルフィア
ラスベガスからロンドン
ラスベガスから東京

これは新世界だ

Komebitz
このポストに応えた連中が旅したマイル、そしてこのポストは、俺たちが(BABYMETALが次のビッグなショーを行うだろう)月に行くのに十分な距離だ

zarcka_metal
コメント欄をBABYMETAL関連のコンサートの話しで埋め尽くそうぜ :D

考えてない、コメントしているだけだ

benjaminder
2016年7月に、俺はペンシルバニアの家から、サンフランシスコのBABYMETALのショーに飛んだ。フライトに乗った時に、インフルエンザにかかったように思った。ショーの間、ひどく気分が悪かったがいずれにせよ大騒ぎして、翌朝には肺炎でサンフランシスコの救急処置室に運び込まれた。(2016年7月に肺炎にかかったBABYMETALヘッズがいたら、たぶん俺のせいだ。)

それから、俺は韓国に友人がいて、そこまで出向いて彼の所に泊まり、ソウルのMETALLICA・BABYMETALのショーを見るという可能性もあったんだが、代わりに仕事をするはめになった。

Sakana-Metal*
君たちの中にはBABYMETALのために世界中を回っている人がいるのは知っている。俺たちはそれをやるだけのカネはなかったけど、だが俺にとっては、12~15時間のドライブはそれでも「退屈」だ。俺にとって際立っているのは、俺たちがテキサスのエルパソへKISSとPLASMATICSを見るために貨物列車に乗ったときのことだ。メインの車両基地は会場から数ブロックのところだった。エルパソの会場は、ステージの前にセキュリティの柵がなかったので、秘密工作を行うカリフォルニアの化学者の助けを借りて、俺はステージによりかかり、ジーンのドラゴン・ブーツから18インチのところでロックしたんだ! LSDのおかげで、色がさらに明るくなった! LOL! もちろん俺たちは列車に乗る前に薬をのんだので、それがとても良いアイデアに思えたんだ。

bogdogger
PLASMATICS! テキサス州オースティンで1983年に見た。あとで砲弾ショックになったよ。

bogdogger
2016:手にシーからウェンブリーとTDショーに飛んだ
2017: 大阪城のショーに飛んだ
BABYMETALだったから必要だったんだ。

NoRaD6
OK、みんな。俺たちの行列の話を伝える時だ。

psxndc
バンドを見に? 俺は2年前にハロウィーン・ショーのヘッドライナーを務めたPrimusとToolを見に、ロスからフェニックスまで飛んだ(遠くはないが旅には違いない。)

その前は、ショーを見るために高校やカレッジの時に4時間超のドライヴを幾度となくやったよ。これは、好きなときに公演のビデオを見られる「インターネット」という代物が登場する前のことだ。

BaconBoy2015
俺はBABYMETALのためにだいたいシンシナティからシカゴまで行った。(シカゴに行くのははじめてで、それから19歳でやった一番長いドライブだった。)でも20歳の時に、基本的にはAVENGED SEVENFOLD、THE OFFSPRING、A PERFECT CIRCLEなどのバンドのために、カロライナ・レベリオン(この時はBABYMETALは出ていない)へ10~12時間ドライブしたよ。だから俺が一番長い旅をしたのはBABYMETALのためではないが、それでもかなり楽しかった。

poleosis

2014: BABYMETALのためにニューヨークまで8時間列車に乗った

2015:BABYMETALのためにオハイオ州コロンバスまで6〜8時間ドライブした。Paramoreのためにニュージャージー州アトランティック・シティまで同じだけドライブした

2016: Parahoy(Paramoreクルーズ)。BABYMETALの東海岸ツアーの5ショー、西海岸の2ショーを追いかけた。日本に飛んで、BiSHと東京ドームを見た。Band Maidを見にメキシコに行った

2017: 二度日本に行った。最初は大きなイベントとしてSG RTGとBiSH、それから追加の目玉としてGuso Dropと2&。二度目は幕張メッセのBiSH、BABYMETALの白キツネ、そしてGuso Dropのワンマンが目玉で、追加に2&だった。

2018: 4度目の日本旅行の準備中だ。RTGが目玉になる予定だが、(ファイナルについて)勝った人を知らない。幸いなことに、時間を埋める他の多くのアクトがいるんだ

RichCormano
サマーソニックの週末に昨年東京と大阪に行き、それからLegend Sで一週間戻った。数ヶ月農地に複数回日本に行くことになると一年前に言われたとしても、君は狂っていると言ったろうね。

Andy-Metal
いくつか話を追加してみる。BABYMETALは観たことがないんで、関係ない。世界中を飛び回るとか、20時間行列するとか、数時間ドライブすると言った派手なものじゃない。

Less Than Jakeが、1時間ドライブした先のビンガムトン大学で無料のショーをやっていた。開始時間が分かっていたので、前座を見逃しても少しばかり遅れて出ることにした。まず99%はダメだからね。俺たちはドライブして、車を停め、コンサートをやっている場所に向かって歩き出し、反対側から人の群れがやってくるのが見えた。中に友人がいるのがすぐに分かった。俺たちはショーを見逃したよと言われてびっくりした。前座はいなかったので、発表になった時間はLess Than Jakeが演奏する時間で、3バンドをフィーチャーしたコンサートの開始時間ではなかった。幸いなことに、Less Than Jakeは俺たちが何十回とみたバンドではあったんだが、それでもずっとドライブして、ショーをすべて見逃したのはむかついた。少なくともこれは無料コンサートで、ガソリンはめちゃくちゃ安かった。俺たちは帰りのドライブでそのことについて笑い話にしたが、その前に花火を見にペンシルバニアに寄ってからの話だ。

それに、バッファローとシラクーザの間をドライブして、ニューヨーク州のI-90で吹雪と闘った回数はものすごく多かった。バンドの90分のセットのために、時速20マイルでドライブして命を賭け、道路から外れないようにランプルストリップの上を越えていったんだ。

▼元記事
Rock Sound asks: What’s the greatest length that you’ve gone to see a band? (twitter.com)







2018年2月13日火曜日

[YouTube] メタル・プロデューサー、トゥエ・マドセンが、クラリティMで自分のミックスをチェック

[YouTube] メタル・プロデューサー、トゥエ・マドセンが、クラリティM(オーディオ・メーター)で自分のミックスをチェック

TCエレクトロニック(2018年2月11日)






以前は、私にメーターを提供してくれるプラグインを使っていた。必要な時、何かをチェックしなければならない時に利用していた。クラリティM(オーディオ・メーター)があることの違いは、それがいつでも目の前にあって、何が起こっているのかを教えてくれるんだ、そこは上げるんじゃなくて、下げるんじゃないかという風に。ちょっとした助けになるんだ。クラリティMの一部としてアナライザーがあって、ミックスにある周波数を示してくれる。今朝、私はBABYMETALのミックスにちょっと変更を加えていたんだ。これはライヴ・ミックスで、私の手元にはローカットとオーディエンスの音があって、ローカットからこのオーディエンスのマイクのグルーヴに切り替えると、どのような低音が生じているのか、あるいはローカットがなければ、どれだけ音がとっちらかっているのかを画面上で見ることができる。でも同時に、この音がとっちらかっていることが、ショーにライヴ感覚を付け加えている。これはライヴ録音だからね。だからこういう形で、クラリティMによって、私が注意して、何らかの形でコントロールしなければ、ミックスのパワー全体を占めてしまうような極低周波があることが分かるんだ。だから、クラリティMはこういう形でとても役に立つ。それからローエンドのバス・ドラムがミックスでうまくいくかどうかを決めたり、チェックしたりする場合もだ。もし周波数が低すぎる場合、本当にビッグなバス・ドラムのサウンドを得るために低周波を入れすぎると、スタジオでは素晴らしい音になるかも知れないが、ほとんどのステレオでは、こうした周波数を再現できないため、ミックスではほとんど役立たない。だからクラリティMは良くできたミックス・チェッカーなんだ。そしてバンドに対して、クラリティMを示して、ルールはこうなっていて、これ以上やっても役に立たない、だからこんなにばかでかくなくても構わないんだと納得させるのは健全だ。もちろん議論に負けることもあるけどね。でもその過程でクラリティMはなかなか便利なんだ。

▼元記事
Metal producer Tue Madsen checks his mix with Clarity M






2018年2月8日木曜日

[Reddit] IKUOが親切にも幹大の家族に対する俺たちの貢献をBOHに伝えてくれた

[Reddit] IKUOが親切にも幹大の家族に対する俺たちの貢献をBOHに伝えてくれた

sho-taBlue(2018年2月7日)

[原文よりトリビア部分が削除されましたので、これに合わせ、該当部分の翻訳も削除しました]






前のスレッドで述べたように、俺は2日連続でIKUOのショーに行った。

IKUOのことを良く知らない人のために、彼は前のベース神で、コバに誘われて2013年年にLegend Zで演奏している。

IKUOは通常は5弦ベースを使用しており、Cube-Ray、ベーシストが3人いるTHE CHOPPERS REVOLUTION、それにBULLZEICHEN 88といった複数のバンドで演奏しているほか、T.M. Revolutionのようなシンガーのバックを務めている。

俺は彼の演奏を生で見るので本当にワクワクしていて、幹大に関する俺たちの思いを伝えるという使命を帯びていたので同時にナーバスにもなっていた。

ショーが始まる前はとても寒く、雪が降っており、風も強くて、ショーをやるには最悪の日のように思えた。だが、その時には、天候とは逆に、俺にとって本当にホットな夜になることは分かっていなかった。

[第1夜]

最初の日は、俺はその晩のジャムセッションのためにIKUOの一時的なバンドに加わったギタリストである友人に招かれた。

最初、IKUOはこれみたいなベース・セミナーをやってくれて、何曲か演奏したが、これはとてもクールだった。それからセミナーの間に自分の音楽的背景や履歴について話してくれた。

彼の話は面白かった。たとえば、ベース・ギターを始めると決めた時、彼は手に入れる余裕がなかった。それでIKUOは兄の古いアコースティック・ギターを使い、弦を2本外して、4弦のベースみたいにした。それから関心があったのはスラップ・ベースだったので、最初からピッキングする代わりにスラップしていた。

それからギタリストとして俺の友人を含む、他のミュージシャンとジャムを行った。

ショーがすべて終わると、IKUOと俺の友人が俺と妻をバックステージに呼んでくれた。IKUOが俺たちが入ってくるのを気付くと同時に、彼は立ち上がって、挨拶してくれた。俺はIKUOに座ってもらおうとしたが、座らなかった。俺が説明している間ずっと、彼は立ちっぱなしだった。

IKUOは、俺たちの状況、考え、それから前のスレッドで君たちが俺に教えてくれたように、どれだけ幹大が大好きだったのかについての俺の話に耳を傾けてくれた。

俺はIKUOに、幹大とその家族と親しかったミュージシャンが寄付の面倒を見てくれるならそれが一番良いが、仮にキツネの誰かがやるとしても、ミュージシャンかその家族が、これが本物であり、そうであることを裏付けてくれて、そう言ってくれるだけでもありがたいと話した。

IKUOは何度も熱心にうなずいて、時々「なるほど」と言った。彼の態度はとても誠実で、俺はそのことにとても感動した。

正直なところ、俺はあえてBABYMETALという名前を出さなかった。BABYMETALと関係ない彼自身のショーでBABYMETALについて語ることで困らせたくなかったからだ。

彼の次の言葉は俺が望む以上のものだった。「俺はいまでもBOHとLEDAと親しいんだ。君たちの思いをBOHに伝えよう。それでいいか? 俺が理解しているのは……君の言葉は、日本人よりも世界中の外国人の考えを代表しているということだ。そして彼らは幹大の家族を助ける方法を望んでいる。それでいいだろうか?」

最後に、俺たちはIKUOと写真を何枚か撮ることもできた。

家に戻ると、俺はお礼のメッセージをIKUOに送った。午前2時ごろだったと思うが、「今夜来てくれてありがとう。彼の家族を助けたいという君の強い情熱を感じた。既に君のメッセージ、それに君の名刺の写真をBOHに送ったよ」という返事が来た。

もちろん、IKUOは、BOHか誰かが行動に出ることを保証することはできないし、そうするには問題があるかも知れないと思う。だが、俺はほとんど涙を流しそうになり、翌日のショーが成功するように願うメッセージを送った。それから彼の次のメッセージにまた驚かされた。彼は「明日のショーのチケットは持ってるか? OK、君たち二人を招待するよ。混んでいる会場が気にならないなら、俺たちのショーを見に来て欲しいんだ」

実のところ、このショーは売り切れていて、俺はチケットを手に入れられなかった。感謝してもしきれなかったが、「ぎゅうぎゅうパンパンの会場にはなれてる」という返事をした。

[第2夜]

まだ寒くて、雪が降っていた。俺たちが会場に着くと、ファンの長い行列ができていて、ほとんどが女性だった。IKUOは、2晩目は、Rayflowerというバンドのメンバーとしてベースを弾くことになっていた。

ファンの多くが、日本からRayflowerを追いかけてきていたようだ。そのことで、どこにでもBABYMETALを追いかけるキツネたちのことを思い出した。中にはIKUOの赤い髪の毛を真似しているIKUOのファンらしい人もいた。

会場の入り口で名前を告げると、スタッフが招待客用のパスを渡してくれて、ショーのあとで会場を離れないでくれと告げた。実際には、観客がはけてから、IKUOが会いに来るということだった。

ヴィジュアル系のショーを生で見たことはなかったと思うが、Rayflowerはすごかった。音楽を演奏するだけでなく、同時にIKUOの凱旋を祝う特別なコンサートだったので、トークも多かった。ああ、彼は俺の県の出身だ。バンドは本当に楽しそうだった。

俺は彼らの最新CDとマーチャンダイズも買ったんだ。

しばらくして、観客が会場を出て、風雪の向こうに姿を消した。

それからIKUOが俺たちに会いに来た。ショーのあとでリラックスしている感じだった。

俺たちは心からお礼を言った。IKUOは、「いや。どうってことないよ。こちらこそありがとう」と微笑みながら言った。

俺たちは、BOHか誰かが直接俺たちのために何もできないのは分かっていたが、IKUOは俺たちが幹大とその家族のためにどのように感じているのかは分かっていたと思う。

彼に何を言えば良いのかについて、励ましたり、助言してくれたキツネに感謝。凍て付くようでいながら、同時にホットな夜になった。

[編集]
※ この部分および本文の一部を削除したことについてお詫びしなければならない。友人からこのポストが日本語に翻訳され、あるウェブサイトにリポストされたことを知った。だが、BABYMETALは演奏以外のストーリーが、特に日本で明かされることを望んでいない。そして何よりも、非常に優しいIKUOが困ったことになって欲しくない。このため、少なくともこれからはこれが拡がらないようにする必要があると感じている。本当に申し訳ない。

▼元記事
Reddit: IKUO kindly has conveyed our feelings about the contribution for Mikio’s family to BOH. Told me some trivia, too. 






2018年2月7日水曜日

[ジャパンタイムズ] 世界が日本の何が好きかを考える

ダン・グルンバウム(2018年2月5日)






(前略)

検索によれば、観光客を引き込んでいるように思われることの一つが、日本の音楽だ。

ギター・ヘビーなOne OK Rockや、十代のヘッドバンガー、BABYMETAL、そしてテクノポップ・トリオ、Perfumeのようなバンドは検索でも健闘し続けている。ただしOne OK Rockの人気は年末までに下がり、Perfumeがその代わりに第一位を狙っている。

検索結果によって、曲に関する異なった地理的な嗜好が見られる。ギターを持つ少年たちは世界中で関心を集めるようだが、女性のメタルヘッド、BABYMETALは、北米、西欧、それにオーストラリアで人々の関心を集めている。Perfumeがライバルたちに買ったのは中国のみだった。

(後略)

▼元記事
Looking at what the world likes about Japan






[BurtonMail] 大腸ガンにかかっているハーツホーンのティーンエイジャーがなぜ日本がバケットリストの一番上にあるのかを説明

[BurtonMail] 大腸ガンにかかっているハーツホーンのティーンエイジャーがなぜ日本がバケットリストの一番上にあるのかを説明

彼女のチワワ、ルイスは決して側から離れない

ベス・プリディング(2018年2月5日)






十代のホイットニー・ハケットは、ひどい腹痛だと考えてとりあわずにいたが、彼女の苦痛はガンであると分かった。

ハーツホーン、ベル・レーンのホイットニー(19歳)は、音楽を聴き、TVを見て、ボーイフレンドと時間を過ごすのを楽しんでいる、どこから見てもありふれたティーンエイジャーだが、彼女はまた、通常は60歳以上の人々がかかる大腸ガンと戦っている。60歳以下では10人に一人しかかからない。

痛みが最初に始まったとき、彼女はパラセタモール(訳注:解熱鎮痛薬)をのんだが、痛みは治まらず、次第に強くなっていったので、彼女は医者に行った。

11月に、彼女はステージ4の大腸ガンだと診断された。すぐにバートンのクイーンズ病院に入院し、後にガンと闘うティーンエイジャーの治療を専門とするノッチンガム・シティ病院のホガース・ユニットに移された。

[キャプション] ステージ4の大腸ガンと闘うホイットニー・ハケット(19歳):そのおかげでこれまで耐えなければならないことを乗り越えることができた、彼女の三匹の犬のうちの一匹、デイジーと。

彼女は、「昨年のハロウィーンの日に、私はひどい痛みに苦しんでいました。8月から時々痛んでいましたが、あの日、痛みは耐えがたいものでした」

「私たちは病院に行き、私は入院しました。盲腸か卵巣嚢腫の疑いで手術を受けました」

「私の卵巣を腫瘍が包んでいると分かったので、医者は全部取り除かなければなりませんでした。それから大腸ガンだったけど、大腸から転移していたと話しました」

「私は、他に転移していないかどうか、さらに調べるのを待っています」

ホイットニーは現在は自宅に戻り、彼女の三匹のチワワ、ルイス、キャシー、それにデイジーと一緒にリラックスしている。ホイットニーによれば、ルイスは自分の側から決して離れず、彼女が病気と闘っているのが分かっているみたいだという。

ピングル・アカデミー出身で、ウィリアム・アルコット・スクールの生徒だったホイットニーは、現在半年の化学療法を受けており、これでガン細胞に対処できることが期待されている。

化学療法を数回受けたあとで、ホイットニーの青く染めた髪が抜け始め、むらができないように髪を剃ることに決めた。

ホイットニーは、自分を意識するような日には、長いブロンドの巻き毛のカツラを被っている。

彼女の家族は、最初ホイットニーの診断に苦悩したと認めている。母親のサラ・ジェイムズ(47歳)は、この経験は、誰にもしてもらいたくないものだと言う。

[キャプション] ホイットニーは、ブロンドのカツラを被っているが、毛先をブルーに染めたいと思っている

サラは、「ホイットニーの診断があってから、体重がどんどん減っていったように思えます。彼女は50キロくらいだったんですが、5晩で30キロくらいに減ったように思えました。病状が悪かったのです」

「ある朝、私がホイットニーの部屋に行くと、犬たちと一緒に丸くなっていました。本当に可愛いと思ったので、写真を撮りましたが、いま見返してみると、彼女はまったく生命がないように見えます」

「いまでは彼女の部屋に朝はいることはありません。自分で起き出すのを待っています。いつか部屋に入っても娘が目覚めないのが怖いのです」

ホイットニーは現在はずっと良くなっており、体重も少し戻りつつある。彼女はお気に入りのアニメ・キャラの絵を描いたり、音楽を聴いたりといった好きなことをまたできるようになった。

だがホイットニーの未来はいまだに不確かだ。

サラはこう付け加えている。「一番いやな相手にもこんなことは望みません」

「ホイットニーは遺書を書かねばならず、私はどんな棺桶がいいか、葬式でどんな曲がいいかたずねなければなりませんでした。そんなことを19歳の娘にたずねたくはありません。その逆であるべきです」

「彼女はこれ以上良くならないでしょうが、そんなことに向かい合いたくはありません」

多くの涙を流したあとで、一家は、ホイットニーが自分のバケット・リスト(死ぬまでにやりたいことのリスト)をかなえられるようにすることに力を入れることにした。

リストのトップにあるのが、人生で一度限りの日本への旅だ。

[キャプション] ホイットニー・ハケットと母親のサラ・ジェイムズ

日本初のアニメとTV番組、それにマンガの大ファンであるホイットニーは、小さい頃から日本に行きたくてたまらなかった。そしてオンラインの募金ページを設定してから、これは現実になった。

ホイットニーは言う。「行くのは、さくらの花が満開の時で、私は本当にそれを見たくてたまらないんです」

「それから、蔵王キツネ村に行きたいんです。キツネがいっぱいで、会いに行ける場所です。キツネが好きなので、夢がかなうことになります」

「それからシカがたくさんいて、人と一緒に暮らしている町があります。人間に挨拶することも学んでいるんですよ!」

ホイットニーの兄、サム(29歳)が、ホイットニー、彼女のボーイフレンドのジェイミー・ビー、自分、それに叔母のジェシカ・ラッセルが4月末に日本に行けるだけの募金ができることを望んで、オンラインのGoFundMeページを設定した。

家族によれば、見ず知らずの他人から受けた支援はものすごく、人類愛に対する信頼を取り戻したという。運転手会社を所有している人物は、豪華なメルセデスでホイットニーを空港と往復させてくれるといい、別の日本に住んでいる人物は、彼女を連れて、アニメのアイドルに会えるようにしてくれると申し出た。

より近所では、何百人もの人たちが寄付や役立ちそうな品物を提供してくれており、地元のコミュニティーの人々からとても親切にされてきたと一家は語っている。

ホイットニーが病院から家に戻ると、医者は、母親が体温を監視できるよう体温計が必要だと告げた。必要な体温計は50ポンドしたが、ブーツ・イン・スワドリンコートのスタッフが、一家を助けるために贈り物にすることにした。

[キャプション] ラップトップで音楽を聴くホイットニー

ホイットニーのバケット・リストには、ドニントン・パークのダウンロード・フェスティバルに行って、Avenged SevenfoldとBABYMETALを含むお気に入りのバンドを見るというのもある。

週末ずっとフェスティバルに留まりたいが、このフェスティバルは特に天候が悪いことで知られているので、健康上の問題があるかも知れないとホイットニーは心配している。ただ、彼女はお気に入りのバンドの演奏を見るために、一日は行くつもりだと話している。

ホイットニーはまた、特に家族にガンの履歴がある人々についての大腸ガンを含むガン検診が、誰にでも利用できるようになることを望んでいる。

ホイットニーは、「私の祖母は大腸ガンで亡くなっており、医者はガンの家系だ理解しています」という。

「祖母のことがあるので、検診を受けておくべきでした。特にガンの家系の場合、医師が若い頃から検診を始めてくれることを望んでいます」

「私のような状況は珍しく、これが普通はもっと年上の人々で見つかるのは分かっていますが、私に起こったのですから、他の人にもまた起こるんです」

日本でやるべきこと

ホイットニーは、日本の旅の予定をすべて決めているようだ。日本で彼女がやりたい上以外のことをいくつか挙げておこう。

トリップアドバイザーによれば、以下は含めるべき最高のことの一部だ:

富士山
この活火山は、旅行者にとって必見で、一年のうち五ヶ月は雪をかぶっており、この地域を訪ねる者にとって壮観を創りあげている。

[キャプション] 富士山は、日本で最も人気のある観光地の一つ(写真:Getty)

新幹線
日本の高速鉄道線網は世界的に知られている。新幹線は最高時速240キロ〜320キロなので、意気地なしには向いていない。

広島平和記念公園
この公園は、広島の中心部にある。第二次世界大戦中に核攻撃を受けた世界初の都市として、その遺産に捧げられている。この公園はまた、爆弾の直接・間接の犠牲者に対するオマージュとなっており、約14万人が、原子爆弾およびその副作用によって影響を受けたと考えられている。

ジブリ美術館
この美術館は、「千と千尋の神隠し」や「となりのトトロ」といった名作を創造した、日本のアニメ・スタジオ、スタジオジブリの作品を展示している。アニメの美術および技術を専門としている。

大腸ガンとは?

英国国民保健サービスによれば、大腸ガンは、大腸で始まるガンについての一般的な用語で、英国で診断されるガンで最も一般的な種類の一つだ。大腸ガンと診断される人の大部分は」60歳以上である。

この病気の三つの主な症状は、持続性の血便、持続性の用便習慣の変化、そして持続性の下腹痛である。

ただし、この症状は弱い場合もあり、病気だと感じさせるとは限らないため、しばしば見落とされる。初期に発見されるほど、治癒の可能性が高くなる。

▼元記事
Hartshorne teenager with bowel cancer reveals why Japan is at the top of her bucket list







[Soundi] 地球最高のメタル・アルバム? メタル業界の意見がここにある

[Soundi] 地球最高のメタル・アルバム? メタル業界の意見がここにある

ティモ・イソアホ(2018年1月31日)

[フィンランド語からの重訳です]






JUDAS PRIESTのシンガー、ロブ・ハルフォードは、メタル・ゴッドのニックネームでも知られており、もちろんこれは「British Steel」アルバムの"Metal Gods"から来ている。

ハルフォードは、(もちろん)ハードなメタル・ファンであり、Power TripやBABYMETALといった新しいバンドにも慣れ親しんでいる。でも、メタル史上最もハードなメタル・アルバムといったら? Soundiが、ハルフォードにたずねてみたところ、いくつか名前を挙げてくれた。

「そうだな、俺はとんでもないから、別の日には中身が変わるかも知れないが、最初に挙げるべきなのは、Slayerの「South of Heaven」、Metallicaの「Ride the Lightning」、Panteraの「Far Beyond Driven」、「Iron Maiden」の「The Number of the Beast」、そしてもちろんJUDAS PRIESTの「Painkiller」だ。

このリストに新しく加わったのは、Megadethの最新アルバム、「Distopia」だ。

JUDAS PRIESTは最新アルバム、「Firepower」を3月上旬にリリースする。Soundiは既にこれがよりヘビーなアルバムになると伝えている。実のところ、これはものすごくハードなアルバムだ。

▼元記事
Planeetan kaikkien aikojen parhaat metallilevyt? No, tässä olisi tarjolla itsensä Metallijumalan mielipide




[Twitter] クリス・ブローガンさんのツイート

[Twitter] クリス・ブローガンさんのツイート

(2018年2月2日)

クリス・ブローガンさんは、作家でビジネス・アドバイザーです(http://owner.media/)






Chris Brogan 認証済みアカウント @chrisbrogan
Blockchain上でどんなプロジェクトを実行できるんだろう? このサイトが追跡している。クールなアイデアをブラウズしてみてくれ(http://ow.ly/JJ7B30i6VAy)

Chris Lockwood @LockwoodChris
なぜBlockchainが関わっているのか分かったらもっと面白い。これってさもなければできないことをアプリにやらせてくれるのか? 俺たちのほとんどは、うそくさい通貨を作る以外に何ができるのか分からないんだ。

Chris Brogan 認証済みアカウント @chrisbrogan
この二つはほとんど似てないよ。

Chris Brogan 認証済みアカウント @chrisbrogan
でも俺はBABYMETALも大好き、そんなとこ。

▼元記事
twitter




2018年2月5日月曜日

[Alternative Press] 22のバンドがどのように名付けられたか

[Alternative Press] 22のバンドがどのように名付けられたか

ホイットニー・パクストン(2018年2月4日)






バンドの名前を考えるのは簡単ではない。何かキャッチーで、目立っていて、シーンにいる他のバンドとは区別が付くものでなければならない。では、All Time Low、Panic! At The Disco、Blink-182といったシーンの最も象徴的なバンドはどのように名前をつけたのだろうか。私たちは、皆さんのお気に入りのバンドのいくつかについて、バンド名の由来を集めてみたが、中には驚くようなものもあるかも知れない。

以下の22のバンドとその名前の背景にある物語をチェックして!

3 Doors Down
ツアー中に、バンドはほとんどの文字が取れてしまい、「Doors Down」が残った看板を目にした。冬至、バンドには3人のメンバーしかおらず、自分たちを3 Doors Downと名付けることになった。

The 1975
ヴォーカリストのマシュー・ヒーリーは、とあるインタビューで、この名前を思いついたのは、古い芸術誌で、「June 1st, the 1975」という日付を見たからだとしている。ヒーリーは、「the」という単語が付いているのが面白かったとのことで、その名前がつけられた。

AC/DC
マルコム&アンガス・ヤングは、妹が電気ミシンの脇に付いていた「AC/DC」という文字を見て、「AC/DCはどう?」とたずねたことから、この名前に到った。

A Day to Remember
「これは前のドラマー、ボビーからきたものだ」とSpin誌とのインタビューで、ギタリストのケヴィン・スカッフは説明している。「これはフロリダ州オカラ時代、たぶん2003年頃の本当に大昔の話だ。ボビーにはガールフレンドがいて、彼女が練習か何かの間に、この名前を衝動的に口走った。みんなは「これはとてもクールじゃん。これを使いべきかも」となったのを覚えている。おかしいのは、俺たちはそのあと2度ショーをやってからボビーを首にしたけど、名前はそのままにしたことだ。たぶんそんなにおかしくはないかも知れないが、ボビーはひどいドラマーだったんだ」

Animals As Leaders
著者が人類の文化を批判するために、動物の視点から世界をいている「Ishmael」という本から来ている。

Babymetal
バンドのプロデューサー、コバメタルによれば、名前は「ヘビーメタル」について言葉遊びをしているときに思いついたという。

Blink-182
もともとはDuct Tapeと呼ばれていたバンドは、名前をBlinkに変えたが、まもなく同じ名前のアイルランドのバンドに訴えられそうになったので、Blink-182にバンド名を変更した。バンドは、映画「Turk 182」から、「スカーフェイス」でアル・パチーノが「Fuck」といった回数まで、182の意味を変えた。

Breaking Benjamin
話は、ショーの間にクラブのオーナーの持ち物だったマイクをひっくり返した。クラブのオーナーは、ベンジャミンが自分のマイクを壊したと話し、バンドはこの名前を採用した。

Bring Me The Horizon
「パイレーツ・オブ・カリビアンの台詞を少し変えたものだ」とリード・シンガーのオリヴァー・サイクスは、Spin誌とのインタビューで説明している。「映画の終わり—あるいは最後の台詞だったかも知れない—に、ジョニー・デップが「Bring me that horizon.」というんだ。これにはとてもピンときた。この映画が公開になった時に(2003年)、俺はまだイングランドのシェフィールドで両親と暮らしていた。俺とバンドにとって、音楽を演奏することは、ツアーをして、旅をして、イングランド、そして世界の残りの部分を見るというアイデアと結びついていた。俺たちはそんなことが可能になるなんて思っていなかったが、それがやりたかったことだ。だからこれはこの惑星が与えてくれることを見たいという感情を表している」

Dashboard Confessional
この名前は、バンドのごく初期の曲、"The Sharp Hint of New Tears"の「On the way home, this car hears my confessions」という歌詞から来ている。

Fall Out Boy
私たちの大好きなFOBの連中は、バンド名を完全に決めないまま、最初のショーを始めた。バンドは演奏中に名前のリストを挙げて、ファンの一人が「どうでもいいじゃん! お前たちはFall Out Boyだ!」と叫んだ。

Linkin Park
もともとはHybrid Theoryを名乗っていたが、Hybridというバンドとの商標上の問題から、バンドは自分たちの名前を考え直さなければならなかった。ベニントンが、練習から家に戻る途中で通り過ぎた「Lincoln Park」を提案した。だが、「lincolnpark.com」というドメイン名がバンドの予算を上回っていたので、バンドはスペルをLinkin Parkに変えた。また、名前を変えたおかげで、レコード店でLimp Bizkitの隣に自分たちのレコードが並ぶことになった。

ONE OK ROCK
「俺たちは朝の1時にいつもこのスタジオでリハーサルをしていたんだ」とJame World誌とのインタビューでTakaは説明している。「俺たちは最初は本気でこの名前を選ぶつもりじゃなかったんだが、1時のことを考えると、本当にぴったりとはまったんだ。「1 o'clock」ではパンチが足りないと思ったので、スペルは異なるが、日本語の「ロック」という音が入ってたので、「Rock」を使うことにした。(日本語ではLとRの違いがないので、同じに聞こえる。)振り返ればとてもシンプルだった。それからのこりの「o-c」の音をOKに変えた。バンドの名前はそう言う風に変わったんだよ」

Skrillex
友人たちが自分のことを「スクリレックス」、「スクリル」、あるいは「スクリリー」と読んでいソニーの10代のニックネームだ。また彼のAOLスクリーン名ともなっている。

Twenty One Pilots
タイラー・ジョセフがバンド名を思いついたのは、アーサー・ミラーの「みんな我が子」を読んでいる時だった。この芝居で、ある男が、第二次世界大戦中に、事業上の利益のために知っていながら故障した部品を送ったことで21人のパイロットの死を引き起こした結果、自殺する。モラル上のジレンマのストーリーが、バンド名のもとになっている。

他のラジカルなアーティストの歌詞や曲名からバンド名のインスピレーションを得るバンドもいる。

All Time Low
バンドはとても人気のあるシューティング・ゲーム、Counter-Strikeのレベルの一つに基づいて、自分たちをPlayground-Xと呼ぶべきだと議論したが、最終的に、New Found Gloryの"Head On Collision"からのAll Time Lowに落ち着いた。

Panic! At The Disco
Name Takenの曲、"Panic"からヒントを得て、バンドはこれとThe Smithsの曲、"Panic"の"burn down the disco"という歌詞の間で悩んだ。

Man Overboard
Blink-182の曲、"Man Overboard"だ……これはすぐ分かる。

The Story So Far
これもNew Found Gloryの"The Story So Far"に由来する。時にはバンド名が一番簡単な形で出てくる。

Death Cab For Cutie
これもとてもストレートなやつだ。The Bonzo Dog Dooh-Dah Bandの曲"Death Cab For Cutie"が、この名前のもとになった。

Rage Against The Machine
Inside Outの"Rage Against The Machine"はとてもかっこいいバンド名になった。

Radiohead
元々はOn a Fridayという名前だったが、バンドはTalking Headsの曲、"Radio Head"に基づいてバンド名を変えた。

どのバンド名のストーリーが気に入った? コメント欄で教えて欲しい!

▼元記事
Here’s how 22 bands got their names